bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



社会保険事務所に行きました
金曜日に、家内が所用がある、と言うので、一緒に外出しました。

携帯電話屋さんに、用事があったようです。私は、かかりつけの内科に行ってみたら、失念していましたが、臨時休診。


で、携帯電話屋さんに戻って、喫茶店で一休みしているところに、家内に、ちと厄介な事柄について、依頼した専門家の方から、電話がありましてね。


その辺りで、家内としては、もう目一杯で、電池が切れそうなのは判っていましたが、社会保険事務所に連れて行きました。


家内はそろそろ、あと数年で還暦です。現在、障害年金を受給しています。若い頃、抑うつ状態になる程、大企業で、働き詰めだったので、年齢もギリギリセーフで、60歳〜報酬比例部分があります。


私は年齢が若いのと、男性と女性は、報酬比例部分を計算する方式が違うので、報酬比例部分は存在しません。


障害年金の計算方法って、一般の老齢年金等とは、違います。
二十歳前発症の方の、障害基礎年金とも違うんです。

一般の老齢基礎年金+老齢厚生年金、に切り替えると、報酬比例部分が62歳〜65歳迄、上乗せで貰えます。

しかし、その総額は、障害年金より、著しく少なくて、年額で半分くらいになってしまいます。


家内の障害年金も、私の障害年金も、2級です。家内は労働禁止ですし、事実無理なので、国民年金で、2級ですから、掛け金は、法定免除。

私ももうフルタイムで働く事は無理で、今は国民年金で、厚生年金加入しない程度の労働しか出来ません。雇用保険のみしか付けられないので、同じく掛け金は、法定免除。


私には、報酬比例部分が存在しないので、私は老齢年金には切り替えませんが、家内の報酬比例部分だけ、上乗せで取れるのかどうか、を確かめたくて、本人を連れて行きました。


無理やり、本人を同行したのは、個人情報保護の観点から、本人か、委任状を持った人物にしか、情報開示しないから、です。



夫婦でも、親子でも、本人でない人物が相談や手続きに行くには、委任状が必ず必要なんです。


我が家は事実婚ですから、住民票上、世帯は同一ですが、厄介な事がいろいろありますね。


本人は窓口に顔を出しただけで、ヒステリー発作を繰り返してしまったので、障害者手帳を提示しただけで、待合室で、横にならせました。


結論は、老齢年金に切り替えれば、報酬比例部分は貰える。障害年金のままなら、貰えない。老齢年金に切り替えて、報酬比例部分を貰っても、年額は、障害年金の半額程度にしかならない、と言う事でした。


障害年金を、二十歳過ぎて、かなり年配になってから、障害者になった為に受給する様になると、様々、辻褄の合わない事が出て来ます。


我が家は夫婦共に2級で、私が厚生年金から脱退しているので、国民年金加入者になり、法定免除が使えますが、厚生年金加入者ですと、厚生年金の掛け金は、免除対象ではないのです。

老齢年金に切り替えた方が貰える年金がずっと多くなる方は良いのですが、普通はそんなには働けないので、厚生年金加入者で、障害年金3級の方でも、障害年金受給額より、老齢年金の方が少ない方が多い筈。


でも、厚生年金に加入出来る程度働くと、厚生年金加入は義務になりますね。

そのぶんは、掛け捨てです。会社が半額、本人が半額支払ったものは、どこかに消え失せます。



どこに行くんでしょうかな?


私も暫く、障害厚生年金3級だった時期があり、その時に支払った、厚生年金の掛け金は、掛け捨てになりました。



こんな厄介な事を、精神障害者の方、知的障害者の方が、社会保険事務所と交渉して、把握するのは、無理ですよね?



認知症の方も無理ですし。

成年後見人制度を利用されている方なら、後見人等の方が、委任状無しで、出来ますが、選挙権剥奪騒動があったくらいで、成熟していない制度なので、家内には、成年後見人制度を利用して貰うつもりはないんです。


精神障害者手帳を持っていて、障害年金受給が出来る程度、症状が重い方は、障害年金受給の手続きを自分で出来ないから。


生活保護で不便の中、生活されている方が、沢山おいでになります。


障害が重いから、障害年金受給をしているのに、本人が窓口に行って、いろいろ質問したり、変更手続きしたり、は、出来ません。


なんか、もう少し何とかならないですかね?


一般に、社会保険事務所は、駅前にはありません。私たちが行ったのは、たまたま駅ビルにある、分室です。


本庁舎は、電車でかなり乗って、駅から20分くらい歩いたところにあります。バスもありますが、本数が少なくて、かつ、本庁舎は、いつも大混雑。


職員さんの数が圧倒的に少ないです。


高齢者の方等も、一緒ですから、実に厄介な役所の1つの様に思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック