bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



介護屋、当分、お休みです
私のブログは、主に知的障害のある方への、地域日常生活支援をテーマにして、綴っています。


私自身が、2010年に、心臓を切って、1種1級の身体障害者になりましたから、今までの仕事が出来なくなりまして、作業所をしばらくやって、現在は療養中。

家内の介護や家事に勤しんでいます。

次の職場は、精神病院の看護助手ですので、介護屋ではないんです。

介護と看護は、間違いなく違います。介護は、生活の質の向上の為に、ご本人の潜在的な要望をどう叶えるか、どう意欲を引き出すか、と言う事のプロです。

看護は、医療現場で、その患者さんに対して、どう病気を良くするか、と言うプロです。

当然、看護師さんがメインで、看護助手は、素人さんで差し支えありません。雑用をすれば良いのです。

看護助手が天職と言う方も、勿論たくさんおいでと思います。医療現場で不可欠な仕事でもあります。



何故、精神病院の看護助手にしたか、と言うと、家内が精神障害者ですから、現場を見たいと思ったのです。精神障害者で、長く入院されている方々が、私が新年からお世話になる病院さんは、大変多いそうです。
介護屋稼業としては、どうやって、意欲を引き出して、社会資源を総動員して、退院して頂くか、どうしても考えてしまうでしょう。
病棟看護助手の仕事は、上記の事ではありませんから、スキルが生かせると言う訳でもありません。


敷布の変え方くらいは、今でも出来ますよ。平シーツは、手順がありまして、ホテルのシーツの様に、患者さんが多少動いても、ずれない様に、折り込みます。

食事、入浴、手洗い等の介助、オムツ交換等も、一通り出来ます。それらが、主な業務ですからね。

これらは、介護屋の仕事じゃありません。


身体を壊さない様に、家内の介護や、我が家の雑用の類いをこなすには、週に3日くらいが、私には限界でしょう。


一般の病院の看護助手だったら、別の仕事をまだ探したと思います。


そのうち、ブログのタイトル、変えないといけないかもしれませんね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック