bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



やっぱり元気な高齢男性は、迷惑です
全ての高齢男性ではないと思いますよ。

家内が寝た切りですから、様々用事を片付け、食材等、重い荷物を持って、バスに乗りました。

遅延していて、混雑しそうな、始発のバス停です。

優先席には、既に人が座っていて、ダメかな?と思いつつ、覗いたら。

1席だけ空いていました。
失礼します、と腰掛けながら、隣に座っている方が、高齢男性でして、私が経験してきた、自分だけは座る権利がある、と、思い込んでいるタイプの方に、雰囲気がそのものでしたので。
磁気カードをタッチした後の財布を持ったままですから、着席する時に、障害者手帳を出して、一緒に隣の高齢男性に良く見える様に持ちました。

すかさず、若い人はねー!と、言い掛けて、隣の人、なに食わぬ顔で、黙りましたよ。

ハートプラスマークを付けていますから、それも隣の高齢男性に良く見える様に、位置を調整しましたら。

素知らぬ顔で、携帯電話のスイッチを切る仕種と、切った音がしました。



優先席、高齢男性、申し訳ないですが、大キライです。


弱者は色々いるんですから。優先席付近にだけ、ペースメーカーの方がいる訳じゃないですし。


この方は、ここは優先席だ、若い人が最近は平気で座る、なっとらん!と言いそうな感じだな、と、私が感じる方は、大抵当たります。


時々、いたずらしてやろうか、と思う時がありますよ。

恐れ入りますが、皮下埋め込み式徐脈性不整脈の、除細動器を利用しております。電磁波で、誤差動致しますので、携帯電話をお持ちでしたら、電源をお切り下さい。生命に関わりますので。


等と、文句を言いそうな、優先席に、でーん!と座っている、元気な高齢男性に言いはなってあげたくなりますね。

ペースメーカーは、携帯電話では、誤差動しませんし、私はペースメーカー利用していませんが、優先席と、電源切れの放送と、でーん!と座っている、元気な高齢男性が大キライです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック