bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



介護屋と看護助手
似た様な気がしますが、全く別物です。

介護職は、一応ヘルパー資格を求める様ですが、看護助手は不問の事が多いです。

介護屋は、その方の暮らしの質を上げる為に、仕事をします。
看護助手は、病院の病棟勤務で、自らの責任で仕事をする事は出来ません。
看護師の指示がなければ、ダメなのです。

ケアワーカーと呼ばれる事もありますね。介護保険の施設なら、介護職のトップの指示の下、介護職としての、末端の責任は持てますし、意見も言えます。文句も言われます。


病院の病棟看護助手は、雑用係なので、決められた手順で、作業をこなせば良い、と考えられている節があるんですよ。


手順通りに、患者さんは置いてきぼりにして、作業さえ終われば良い、と言う考えの病院さん、病棟さん、看護師さん、看護助手さん、は、今は化石になっていると思いますが、時に、作業さえすれば良い、と言う方もいるかもしれませんね。


先日、別の病院で、通院介助の移動支援者の方を見掛けました。

介護保険での、制度の中の通院介助者の方と思います。

車椅子で、高齢の女性の通院介助に来た様子。車椅子からソファーには、患者さんは、自分で移れる方でした。

患者さんの高齢の女性の方が、色々、介護人に話し掛けるのですが、介護人の方は、知らん顔。返事を一切しません。

患者さんが呼ばれたら、途端に余所行きモードになって、ニコニコ丁寧に誘導し、医師の方等にも、愛嬌を振り撒いて。


診察が終わったら、もう帰るモードで、患者さんを急かします。患者さんは、着用してきた筈の小物が無い、と、頻りに訴えていますが、知らん顔で、がっちりと、車椅子に座らせて、さっさと会計に行ってしまいました。


色々なやむ無い事が浮かびますがね。


患者さんに、認知症がある、妄想がある、いつも同じ事を繰り返して、くどい。納得しない。様々あるんでしょうけれど。


事業所の看板背負って仕事している訳ですし。


病棟看護助手は、外から見えない場所で仕事をします。


私が行くのは精神病院です。病の為に、症状が尋常でない患者さんが、入院しています。

手抜きしても、苛めても、外部の人には、バレません。


まっとうな精神病院さんと判断して、そちらに決めたのですが、介護屋が看護助手に慣れるには、かなり時間が掛かりそうですね。


新年から頑張りましょう。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック