bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



支援計画制度がやっと始まります
障害者総合支援法になって、やっと、支援計画制度の受付が始まりました。

介護保険で言う、ケアプランです。

今までは、事業所個別に、様々計画を立てている所はありましたが、あくまで、事業所の利用者への必然性から、でした。

当然、行政からの費用はありません。

ケアプランを依頼すると、報酬の9割は、公から入り、利用者負担は1割ですね。

そんな当たり前の事が、障害者にはなかったのです。

私は一番重い身体障害者ですが、軽い労働は少し出来ますし、家内の介護もしていますから、何もサービスは使えません。

補助金は少しありますし、医療機関にかかる時は、どこの医療機関でも使える、障害者医療証もあります。
家内はサービスは使えますが、金銭的な補助は全くありません。


で、ケアプランの様なものはサービスですから、寝た切りの家内には、真っ先に、申請書が来ました。

本人に見せて、何があるのか判るか、聞きますと。

お役所言葉で、分かりにくく書いてありますから、何だかさっぱり判らないとの事。

私が長年介護屋でしたから、意味は判りましたが、手続きにやや判らない所があって、サービス事業所として、お願いしたい所に、問い合わせが必要でした。

一般のご家庭なら、ご家族が自治体に質問出来ますけれど、一人暮らしの方は、判らないので、手続きしていない書類の山に積まれて終わりそう。

家内には、金銭的な補助、私には、サービス提供、が少なくても良いから、必要なのですが、片方だけ、と言うケースが多いみたいです。


自立支援法時代、知的障害者、精神障害者には、重度包括支援が存在しない事を知ったのが、ごく最近です。

障害者総合支援法では、今年度4月から実施の筈が、見送りになりました。

公から費用が事業所さん、本人に付かなければ、人件費、自己負担額が出ませんよね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック