bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神障害者のストレス
ストレスのない人はいないですが、精神障害者の方が受けるストレスと言うのは、同じ現象が起こっても、受ける衝撃が違うんじゃないか?と、最近思います。

我が家には寝たきりの精神障害者(なんで普通に変換すると、障碍者って出るんだろう?私、障碍者、障がい者等の、最近の造語、嫌いなんです^^;;)の妻がおります。

最近、私が失業したり、親族関係に不具合のある人で、親族から妙な攻撃?(説明しにくいですけど、急に電話などがかかってきて、マシンガントークの様に、数時間にわたり、苦情を述べると言うか、言いたい放題文句を言うと言うか…普段は、全く交流のない方です。先方様もどうも精神的な不具合があるような気がしますが、会った事もないので、…)が来たり、本人が非常に不安に駆られて、何かしようと焦ったり、と言う様な事が多く、寝たきりはそのままなのですが、心情的に不安定です。

先日、美容室にカットに行かせましたら、少しですが、自宅周辺を歩くことが出来て、ヘルパー事業所さんに、ご挨拶に行ったりもしました。

したらば、歩き方を忘れてしまっている と本人は言いますが、かくんかくんとなってしまったり、足が蹴りだせなかったりと言う感じなのだそうです。歩くしかないのですが、一人では外に出られない。
何故ならば、いつ、ヒステリー発作を起こして、転倒するか判らないから との事。ヒステリー発作は、急に来ることもありますが、歩いていて、息が荒くなり、重心が左右に振れてきて、視野が狭くなり、めまいなどがして、遂には倒れる と言う様な事もあるのです。

無事にそうならずに自宅まで帰れる保証がないので、困っているようです。

歩行中にヒステリー発作を起こして倒れますと、大抵は過換気発作を起こしかけるか、起こしてしまい、いつぞやは、薬局の方が、(マンションの隣です。)転倒している家内に、『自宅はどこか』『救急車は必要か』と聞いて下さったことがありまして、プロの方なので、本人が必要ないと言う意味で、首を横に振るのを確認して下さり、自宅は隣だ と言う事を本人の身振り手振りから察して下さって、自宅まで送り届けて下さいましたが…

一般の方でしたら、過換気発作は非常に見た目が派手なので、まず間違いなく救急車を呼ぶでしょう。

それが家内には非常に恐怖なのだそうです。

精神疾患がある、精神障害がある、症状が出ている(出勤できない等でしょうか)と言う事で、さんざん嫌な思いをしてきているので、精神疾患、精神障害について、世間の一般的な方は、嫌悪感を持つ人が多い、又は、世間と言う見えないものは、精神疾患、精神障害に嫌悪感、憎悪を持っている と言う様な体験を山のようにしているわけです。

私の住まいは、これ、小さいですが、自宅です。マンションですが、持ち家です。
そうそう簡単に売って、引っ越すわけにはいきません。終の棲家で買ったので、そのつもりもありません。

マンションの住民の方々に、集団的な自分に対する嫌悪、憎悪が流布することを非常に恐れています。
私自身は気にしませんが、本人が恐怖感を抱いているものは仕方ないですよね。


人によって、どうしても気になる、心配になる事柄は違うと思いますが、家内は金銭に対する不安、恐怖が非常に強いのだそうです。

私が今、仕事をしていない為もあると思いますが、お金を稼がなくてはいけない と言う観念から、逃れられず、精神病院の医師の方、同、訪問看護ステーションのPSWの方には、『仕事をしたいが、どうだろうか?』と繰り返し聞いています。

医師の方は、『100人の人に、あなたが仕事ができる状態かを聞いたら、100人全員が無理だと言うと思う。』と答えるそうです。さらに、『止めはしないけれど、成功するとは思えない。でも、してはいけないとは言わない。』と仰るそうです。

判じ物のようですが、気になって仕方ないなら、やってみて、無理な事を深く実感してみても良かろうと言うことかな と私は思って居ます。

PSWの方は、『今は、無理です。やめて下さい』と言うそうです。


家内はもともとシステムエンジニアです。マネージャー程度の仕事をしていたと聞きます。
なので、自宅で、何かのプログラム?等を作って、それを使って、人集めをして、自宅に居ながら、仲介料を頂く様なものを運営しようとしています。毎回、必ず、それにたどり着くのです。


歩いた後に、歩き方を忘れて居る事に気づいて、愕然として、それからなぜか、もともと持っていた、何かのパソコン関係の機器のセットアップ?何やら始めました。
加えて、仕事をするための何やらを、開始したそうな。

その途端。

身体の片側が凝り固まった状態になり、痛みと頭痛で、幽霊のようになっております。


ストレスですね。


家内は、働きたいのではないそうです。
お金に不安があり、それは恐怖に近いような、焦燥感に駆り立てられる状態にいるそうです。
ですから、仕事がしたいのではなくて、『お金が欲しい』なのです。
宝くじに当たっても、どこかの足長おじさんが、ポン!と大金をくれるのでも構わないのですね。
じゃあ、そのお金の使い道が決まっているか、と言えば、ありません。多少生活費を切り詰めざるを得ないところは、勿論ありますが、その範疇の不安ではないようです。

本日は、訪問マッサージさんが来て下さっていますが、昨夜は余りの幽霊ぶりに、私が素人按摩をいたしました。
家の中でも転倒が増えましたね。
風呂に入る気力・体力がないので、着替えなども出来なくなり、又、膀胱炎をおこしかけています。
肌着を換えるのも億劫な様子。
風呂に入っても、きれいに洗えないのか、自浄作用が落ちているのか、膀胱炎起こしかけていますし、ヘルペスも出来ています。

身体の能力がゼロに近い みたいな事になっているのであります。


精神障害者は、頭痛がしても、歩けなくても、めまいがしても、転倒しても、身体の検査をすれば、全くの健康体 と出ます。甲状腺がおかしいとか、慢性疲労症候群だとか、そういう診断が出る様な事にはならないのです。

なので、鬱病で寝込んでいる方などが、『怠けている』等と罵声を浴びる事がある訳です。

精神疾患の方、精神障害の方が、ストレスによって、受ける衝撃は、一般の方とは全く違います。
生活が不能になるほどの状態になりやすいのです。

亭主でもそれはどうしてもやれません。
心に浮かぶこと、気になって仕方のない事、は、考える事をやめなさいと言う訳にはいかないからです。心に浮かんできてしまうことは、どうにもならないから。

ストレスが解消されてくれば、不穏、不安、こだわり等が少しずつ解消していくのですが、それには体の能力が上がらないと無理ですね。
身体の能力を上げるには、動かないとだめです。
ストレス過剰で、何かにとらわれている時は、普通は寝込んでいます。
身体の能力を上げるために動くことは出来ません。

これ、本当に大変な事だと思います。
支援者の方々が無かったら、私が全部背負わなければならなくなりますから、そうすると、身体障害最重度の私は、心臓起因で、体調をおかしくしてしまいますし…


まあ、何とかできますが、寝たきりの精神障害者と、心臓が壊れた一番手帳が重い障害者だけの生活は、いろいろありますね。


家内を歩かせる、風呂に入れる は私がやるしかないので、精神的に結構私もダメージ喰らいます。
余り喰らうと、こちらも寝込んでしまうので、さて?どうしましょうか。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック