bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



膀胱炎、その後
昨夜は、外食に家内を出せましたが、様々刺激が入りますから、今朝は予定通り、ぼろぼろです。それで良いのですが、本人はつい余計な事をしてしまうので、倒れて、倒れて、倒れて、以下エンドレス、になりますね。


ちと朝方雨でして、ベランダの洗濯物を取り込もうとして、ヒステリーのスイッチが入った様子でした。


般若の様な形相をしていましたから、外でなったら、救急車呼ばれますね。


月曜日に、予約制の医者に行かねばならず、余りにふらふらなので、徒歩ですが、送って行って、私は他行したところ。


普通に歩けば、5分掛からない距離なんですが、我が家のマンションの敷地に入る手前の歩道で、ヒステリー起こして、ぶっ倒れたらしいです。


マンションの隣は、調剤薬局さんで、オーナーさんと薬剤師さんが、気付いて、救護にきて下さったとか。
さすが医療関係者の方で、救急車が必要か、本人が首を横に振るのを確認する迄、数回聞いて下さった由。

自宅はどこかも聞いて下さり、オーナーさんが、家内を抱える様にして、我が家の玄関ドアの前迄、送り届けて下さったそうです。


ヒステリーには、救急車は要りませんが、とにかく派手なので、一般の方でしたら、ビックリしてしまうでしょう。


夕方お礼を述べに行きました。



その夜が、膀胱炎騒動で、準夜間診療所。


その後、激しい尿意が治まらないとの事で、手洗いは一番奥ですから、それもヒステリー起こして、ぶっ倒れる1つになっています。

本人は例え車でも、外出出来そうにないので、又、泌尿器科に電話で相談しました。


検尿さえ出来れば、かなり正確に状態が判りますよね。自宅で採尿出来たら、持参してくれれば、何とかしますよ、と、奥様が言って下さいました。


食器のカップで良いのですが、嫌がるので。


缶の飲み物の上を缶切りで切って、自分で採尿する様に伝えたら、何とか採れまして。


蓋の出来る、ガムボトルで、泌尿器科に私が持参しました。尿を見ると、どう見ても、綺麗です。

?と思いながら、受付で奥様にお願いして、先生に呼ばれて、診察室に入ってみると、顕微鏡の画像には、白血球は全くありません、

先生も、もう治っているから、精神的な何かか、と思える。抗生物質は、中止して下さい、との事。


本人が動けないと、もう本当に厄介。会計は、家内は障害者医療証がつかないので、3割負担。

検査だけで、1100円!


家内の通院は、長期処方して頂いている関係で、精神科以外のお医者さんは、みんな3割。一回行けば、10000円では足りない程度、が多いのです。



会計を済ませて、家内に先生の伝言を電話で伝えてから、隣の駅に来ました。


風邪を私が拗らせました。私も薬には、厄介が色々ありますから、抗生物質は違うものに変えて、消炎鎮痛剤は無し。咳止め、痰を切れやすくする、と二種類の薬が加わってしまい、やっぱり風邪を拗らせている事が判明。


おとなしく寝ていたいのですが、私が寝込むと、ヒステリー起こして、ぶっ倒れる家内を、起こして手洗いやら、寝室やらに運ばないとなりません。


私の風邪、治らない訳ですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック