bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ナイショのケア会議
家内の支援事業所のサービス提供責任者の方、お二人と私で、珍しく家内にナイショの話をしました。

家内の支援者の方々は、意識の高い方々で、事業所も立場も全く違いますが、本人同席で、色々話し合いの機会を持って下さいます。

本日、話をしたのは、ヘルパー事業所さんの方々でした。

他に、入院以来お世話になっている精神病院の訪問看護ステーションの精神保健福祉士の方、地域生活支援センターの方、訪問マッサージ事業所の、鍼灸あんま師の方、食事の心配がない様に、最低限ですが、配達をして下さる配食サービスをしている、精神障害者の方々が働く福祉作業所の皆さん、等に支えられて、私たち夫婦は、生活をしています。

社会資源を家内が拒否していたら、在宅生活は望めなかったと、私は確信しています。


退院して、まずはヘルパー事業所さんを入れるのに、説得に随分掛かりましたし、障害者福祉課も、なかなか認定調査をしてくれませんでしたが、私が心臓を壊し、かなり緊急的にオペになったので、やっと動いた経緯がありましたね。


それから食事の為に、材料配達の民間サービスを使った事もありますが、本人の希望で、買い物は当方でして、ヘルパーさんに作って頂く様になりました。

配食サービスは、ヘルパーさんは、週に二回が行政サービスでは、当地は限界なので、ヘルパーさんがない時に、一時は昼夜二人分お願いしていましたが、今は1人分です。


精神病院の訪問看護ステーションさんは、精神科特化の制度で、在宅している患者の自立を助ける、健康保険の医療制度です。

訪問マッサージさんは、寝た切りの高齢者の方等が利用されますが、とにかく浮腫が酷く、まともに歩けなくなった頃から、精神科主治医にお願いして、同意を頂いて、入れました。

当自治体でも、これだけ社会資源を利用されている、精神障害者の方は、それほど居られないと思います。

今般、ヘルパー事業所の方と密談したのは、家内が症状が辛すぎて、新しく支援に入って下さった、家内の担当ではないサービス提供責任者の方に、敵意ではないけれど、不満の様な事を言い始めたから、でした。

苦情を言ったのではありません。その方が、一時的にターゲット化してしまった様子で、主なるサービス提供責任者さんに、ぐずるなり、新しく来て下さっているサービス提供責任者さんに、直接希望を述べるなり、本人がすれば良い事なのですが。

申し訳ないお化けが出てしまい、我慢すると決めてしまった感じがあって、拗れないうちに、ざっくばらんに話をしましょう、と、先様が申し出て下さったからです。


決して、新しく来て下さる様になった方に不具合著しい訳じゃありません。

本人が余りに症状が辛すぎて、半ば思い込みで、その方をシャットアウトしかけてしまったのです。


本人は今も、薬の調整中で、副作用が著しく辛い様子で、現在は、その方にガタガタは言わなくなりましたけれど、やはりお知らせしておいた方が良い、と、私が判断して、知らせました。

対応早かったです。

丁度、月始めで、非常に忙しい時期なのに、1週間せずに、時間を作って下さいました。


相手の方は、サービス提供責任者さんですから、事実は伝えて良いと、私は考えています。その代わり、どなたであっても、支援者の方が来て下さっている時は、仕事に出ていても、我が家に居ても、私は一切、口も手も出しません。本人がお願い出来る様になり、いつか支援を減らせる様にならねば、本人の為にならないからです。


短い時間でしたが、私も一応はプロですから、まあまあの話が出来たかな、と思います。あとは、本人が慣れて、ターゲット化しない様にいつかなる様に、支援者の方にお願いするしかありませんしね。


風邪ひきの失業者=私、は、まだ放心していて、家計を回すにはどうするか、考えあぐねていますから、支援者の方々には、本当に感謝しています。

サービスを使う事に、激しく抵抗した家内も、現在は、必要な間は使おうと考えている様子なので、非常に助かります。

生活支援がなければ、家内は生活コントロールが出来ないまま、終わってしまうと思うのです。

様々な支援者の方々が連携して下さる事が、一番有難いです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック