bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



家族介護で共倒れしない為に
皆様、ご存知の様に、我が家は、私が最重度の身体障害者、家内は書類上は中度になりますが、実際は寝た切りの精神障害者です。

書類上は私の方が重いのと、昨日障害が心臓で、人工パーツと薬で生きていますので、身体障害者はサービスが一番充実している事もあり、金銭的な補助がかなり貰えます。

生活に心配ないだけ、働かずに済むだけあるか、と言うと、絶対に足りないですね。

手術の前に比べて、自分でも消化出来ない程、体力が落ちたので、フルタイムでは、もう働けません。


様々大人の事情があり、半年お世話になった、昔の上司の実家での仕事は、先月末で、期間満了をもって、終わりになりました。


今は、仕事を探しながら、家事や家内の介護に忙しくしています。


私は、障害者の方の日常生活を支えると言うか、様々な意味での自立のお手伝いをするプロです。

一般のご家庭よりは、知識も対応も出来るだろう、と思います。

でも、自費迄+してサービスを家内に使っていますが、とても支給されるサービスでは、足りません。使えるサービスは、使い尽くしているだろぅと思いますが、家内に掛かる医療費、様々な社会資源の利用費は、全く無料ではありません。
寝た切りの中度の家内を、見た目に判らぬ、最重度の身体障害者の私が、介護も、家事も、仕事もしないとなりませんよね。


共倒れにならない為には、我が家の場合は、幾つか、コツの様なものがあります。

まずは社会資源をフル活用する事です。

最初の頃、家内はかなり抵抗しました。辞書になかったからでしょう。

最初にした事が、障害者手帳の取得でした。家内本人は、自分が対象になりうる事に気づいていませんでした。

手帳を取り、障害年金の申請をして、精神障害者の年金の申請は、本当に時間が掛かります。法定では3ヶ月で支給するかどうか、の通知が来る事になっていますが、家内は1年近く掛かりました。支給開始は更に数ヶ月先です。


そうこうしているうちに、私の心臓が壊れて、かなり緊急的に手術になったので、私が退院して、その足で、自分の手帳を申請し、自分の障害年金の申請をしてから、やっと、障害者福祉課の認定調査を、家内に入れる事が出来ました。


それから、今の事業所さんにお願いして、週に二回の家事援助が始まりました。
サービス受給者証の更新等の度に、少しずつ障害程度区分を上げて貰って、この春の認定調査で、やっとの事で、障害程度区分が3に出来ました。


並行して、訪問マッサージさん、精神科特化の訪問看護ステーションさん、を入れ、ヘルパー事業所さんには、家事援助とは別に、自費で通院の送り出し&相談支援を隔週で入れました。

私が介護屋ですから、思い付きますが、一般のご家庭、一人暮しの方には、ハードルがかなり高い様に思うのです。


全部1つの窓口で済めば、まだましですが、年金の支給決定等は、社会保険事務所の管轄です。


現在、家内も私も国民年金ですが、国民年金の掛け金の全額免除の手続きは、市役所の、国民年金係が管轄します。


手帳も、年金も、法定用紙に、所定の書き方で、非常に詳細な病の経緯を書き、更に証拠として、あちこちの昔お世話になった医師の証明書を添付しないといこいんです。

私は先天性の心臓疾患ですから、とても大きな病院にお世話になっていて、主治医が定年になり、別の循環器単科の特殊な病院に移られた時に、一緒に転院しているので、遡るのは、比較的簡単でしたが、さすがに初診のカルテは、法定期間が過ぎていて、探して頂きましたが、ありませんでしたね。転院先の初診のカルテを使いました。

家内は個人の精神科クリニックをやや転々としたので、遡るのに、かなり時間が掛かりましたよ。


こんな事、障害者本人が、自分でやれる訳がない、と感じます。


そうして、抵抗しながら、社会資源の活用を続けて、家内はそろそろ6年目になるかな、と言う頃です。


一度も再入院しないで、自宅で暮らせるのは、家内本人の努力と、支援者の皆様のお蔭です。


家内には、私が算段して、入れられるだけのサービスを入れましたが、精神障害者には、金銭的な補助は、ほぼ皆無なので。

ちと困ります。


反対に、私は心臓起因の障害なので、金銭的な補助や免除は、かなりありますが、社会資源のサービスは、自立扱いになってしまうので、全く使えません。


共倒れにならないもう1つは、お互いに、お互い様で暮らす事でしょう。


我が家は、重い障害者二人だけの世帯です。頭使わないと、共倒れになりやすい家庭ですね。


何とかもつと良いのですけれど。


プロでも、女房の精神的なサポートは、全面的には出来ません。私が潰れてしまいます。


社会資源の活用は、弱者が生きる為の砦ですから、もう少し何とかならぬものか、と、良く思います。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック