bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



電車の中で繰り返し放送される、根拠のないデマ
携帯電話の電波は、ペースメーカーに影響しない


2Gの時代に、15センチ程度で誤作動が出たことがあるのは事実です。
3Gになっている現在、実際に誤作動が出るのは、3センチ以下。

なので、政府関係では、余裕を見て、2Gの時代は、22センチ、現在は、15センチ離して、携帯電話を使うように、『ペースメーカー利用者』の方に、周知しています。

実際は3センチなんです。3センチ以下だと誤作動は出ます。
電車の優先席近くだけに、ペースメーカー利用者の方がいますか?
ペースメーカー利用者の方に、健常者の方は、必ず座席を譲り、電源を必ず切っていますか?

実際は、ハートプラスマークをわざわざ手製のカードケースを改造したものに入れて、目立つような工夫を最大限にして、カバンに付けている私に、座席を譲ってくれる方は、ほぼ皆無です。


勿論、優先席近くにいて、心臓を明らかに示している(本当は内部障害の方はどなたでも使えます。法的な拘束力があるものではありません。日本には、公の障害者のためのシンボルマークは存在しませんので…)マークを間違いなく着席している方々に見える様にしていても、電源を切る人はいませんね。

しかし。

健常者の方から、障害を心臓に持った私が『優先席では電源を切りなさい(メールなどの急ぎの返信が必要な時ですね。喋る訳ではありません。)。使いたければ、一般の座席に行きなさい。優先席でなければ、マナーモードにしておけば、メールを送るのも、インターネットを見るのも問題ないのだから。』と、怒鳴られます。

もう数えたら、切りがありません。怒鳴られること。健常者に障害者が。

優先席以外には障害者はいないのか。
では、障害のない、怒鳴る人は、何故、優先席にどっかりと座り、説教を垂れるのか。

ずっとずっと不愉快に思って居ました。
第一、不便ですし、医療機器に影響がないように と、断固としてPHSを使っている身としては、穏やかではありません。

抗弁すると、(障害者手帳を示し、これは携帯電話ではない。私は心臓起因のもっとも重い障害者だと説明します。)キレる人が多いですね。怒鳴りだして、どこかに行ってしまう人が多い。ほぼ100%健康そうな初老の男性が、説教を垂れます。

ペースメーカー利用者の方々は、毎日毎日『電源を切れ』の放送に、不安なく日常を送れるために装着した、ペースメーカーなのに、全ての人が電源を切ってくれているか、不安になり、電車に乗れなくなっている方も多くいます。事実なんですよ。


これだけ根拠のない放送を繰り返した後で、放送をやめただけじゃ、世間に広まった誤解は解けません。障害者はじめ、弱者の方の為に、優先席には健常者は座らない と言う事も定着しません。

優先席なんて、1両に3席が対面で2つあるだけですから、6人分しかないです。
弱者、障害者、本日は高熱などでもやむなく電車に乗らねばならぬ病者の方、1両に必ず6人未満でしょうか。

私はいつも思い、主張しています。

優先席廃止。
障害者、弱者、病者を示す公的なシンボルマークの設定と、周知。

(マタニティマークが定着したのは、電車会社がなぜか、優先席に掲示をしたからです。電車の駅で無料で配っております。母子手帳を示すことが条件ですが、示さなくてもくれるので、座りたい若い女性が何年も付けて、ずっと着席を確保している なんて事は、当たり前になっていますね)

マークが無くても判る、明らかな麻痺を伴う身体障害者の方の動きが素早くないのをいい事に、自分が明らかにマヒのある方を追い抜いて、優先席に着席し、知らん顔で寝たふりをするのも、しょっちゅう見ます。

放送やめるだけじゃ、解決しません。

抽象的な『譲り合いの精神でなんとかかんとか』なんて、放送してもだめ。

何々マークを付けた人、明らかなこういう身体状況の人、子供を連れて手を焼いている親御さん、等と具体的にぐうの音も出ない様な事を定着させないと、『障害者などは優先席に行け。ここは一般席だ。譲るゆえんはない。』の如き風潮は、なくなりません。



最後に。


場所は失念しましたが、比較的最近、比較的小さな電車の路線で、電車が駅に停車した際。
若い女性が、うっかり電車とホームの間の隙間が広い事に気づかず、電車とホームの間に挟まれて、落ちてしまったことがありました。

勿論、皆さん乗客の方々と、駅員さんの尽力で、電車をホームと反対側に倒して、その間に駅員さんが女性の方を救助したのですけれどね。

『助けましょう!』と声を掛けて、乗客の有志40人程を動かしたのは、明らかにアフリカ系の男性でした。日本生まれの日本国籍の人かもしれませんけれど。アフリカンの方だったのです。

悲しいよね。

五人組、世間体等が、日本文化です。
だからこそ、電車の会社のデマを定着させた責任は大きい。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック