bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



臨時休業中ですが。
公私共に、ドタバタしております。

たまたま本日から5日間、仕事に溢れてしまいまして、ちょっと更新しています。


週末、台風が凄かったですね。

台風の好きな方がおいでかは判りませんが、障害を持つ方には、台風がダメな方が一定数おいでです。

自閉症の方、精神障害の方には、様々な環境の変化に影響されて、辛い思いをする方が、かなりおいでです。

自閉症の方の中には、天気予報が出来る、と言われる様な方もあります。

低気圧が近づくと、今は晴天でも、ご本人の様子が不安定になり、しばらくすると、悪天候がくる、と言う様な事があります。




我が女房殿は、双極性障害2型、と言う、精神障害です。いわゆる躁鬱病ですが、1型と2型がありまして、女房は2型です。

ついでに1と2がどう違うか、と言うと、アップダウンの落差の度合いと、鬱期と躁期のサイクルの入れ替わりの頻度が違います。


落差が激しく、サイクルの入れ替わりが短い方が1型。鬱期が長く、一般の方が想像する躁状態に迄は、なりにくい方が2型です。


1型でも、2型でも、更にタイプがありまして、爽快型と、破滅型があります。


爽快型は、アップしている時は、自信満々で、世界征服が出来そうな気分になり、あと一歩、と言うところで、鬱がきて、人生は終わりだ、のごとき状態になります。

特にアップダウン、周期のサイクルが短い方を、ラピッドサイクラーと呼んだりします。

一番ご本人も辛く、周囲も巻き込まれて、滅茶苦茶になりやすいのが、1型の爽快型の方でしょうか。


破滅型の方は、世界征服にはなりませんで、マイナスのエネルギーが、自己、他者への攻撃になります。自己に向きますと、危ない事になりますね。他者に向くと、ターゲットと言いますが、敵を作ります。敵を攻撃する事がアップしている状態です。1型の方はサイクルがくるくる変動しますから、これもご本人も周囲も凄まじい事になります。2型はサイクルが長いので、うっかりアップ状態になると、数ヶ月継続したりしますから、これもご本人も周囲も疲れはててしまいます。


躁鬱病も色々あるのです。
女房殿は2型の破滅型です。抑鬱状態のコントロールが結果としてうまくいかず、抗鬱剤の入れすぎで、アップ状態が生じ、長期間その状態が続いたところで、双極性障害2型に悪化してしまいました。


拗れて、双極性障害2型になった、比較的年齢の高い患者さんは、破滅型になる方が多いらしいです。


精神障害、精神疾患の方にも、環境、天候、気圧の変化に弱い方があります。鬱病系統の方は、弱い方がありますね。


我が女房殿もそうです。


意外に知られていないみたいですが、認知症の方も弱い方があるようです。


まあ、嵐が来ると、絶好調、と言う方は、余りいないでしょうが、特に弱い方は、気の毒だなあーと思います。


私の既往症は、強迫性障害の、観念強迫ですが、天候、気圧等は、響きません。大雨はイヤですが、影響は受けないですね。


いわゆるストレスと、心臓に障害がある事での身体の疲れは、非常に響きます。

気候の変化、季節の変わり目を、上手に乗り切りたいですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック