bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ヒステリー
身辺ゴタゴタしていまして、ずっと更新サボっています。

今日は小ネタです。

ヒステリーって、ご存じでしょう?医療用語の、ヒステリーです。

ヒステリック等の、日常用語のキャーキャー言うの意味合いじゃない方です。


家内の精神障害の、身体症状の大きなものが、ヒステリーなんです。

私の主治医の話によると、最近はちょっと古い概念らしいのですが、ヒステリーには、大きく二種類あるそうです。


転換型ヒステリー
解離型ヒステリー

解離型ヒステリーは、現在では、解離性同一性障害と、位置付けられる事が多いそうです。

解離性同一性障害って、乱暴に言えば、多重人格の事。

余りのストレスに、身体と脳が、勝手に別人格を作ってしまう、厄介な精神障害です。

怪奇現象でも、嘘つきでもないのであります。


で、家内はふらつきが激しくなったり、突然、いきなり、棒が倒れる様に、転倒します。

意識喪失する事もあります。

倒れたら、助けを呼べ、と思いますが、声が出ません。

私がいて、本人に対応すれば、まあまあ比較的軽く済む事もありますが、本人が一人の時に、頻繁に起こりまして、そんな時は、抜け出して動ける迄に、一時間掛かる事はざらです。

と、過換気発作が連動して起こるのです。

一度、転倒し始めると、頻回に連動して、転倒から過換気迄、延々と繰り返します。

典型的な、転換型ヒステリーです。


余りのストレスや不安の為に、身体と脳が緊急避難をするのが、ヒステリー。

てんかん、と言う病がありますが、あれはてんかん波、と言うのが、脳波の中にある方が、服薬で発作を抑え切れなかった時に起こす、てんかん発作です。

見た目は似ている時もありますが、全く別物です。


ヒステリーは、精神発作なので、どんな検査をしても、脳波も全く正常なんです。


しかし。


転倒する本人は、たまったもんじゃないですね。介助して、元に戻して、立てる様にして、過換気を防止して、やや精神喪失状態から、戻す私も、厄介です。

30分で済む時もありますが、全行程、一時間と言う時もあります。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック