bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害認知と言う事
三大障害は、身体障害、知的障害、精神障害、ですね。

精神障害者の方が、世間の理解から、一番遠いところにおられ、理解されないで、困っている方が多いかと思います。


一言に、○○障害、と言っても、様々なバリエーションがあり、同じ障害でも、困っている事は、全く違うのが、通例でしょう。


たまたま私は、仕事でも、家庭でも、私本人も、障害の中で暮らしています。

私は身体障害者で、最重度。心臓に人工弁を入れて生きています。

人工弁置換と言いますが、人工弁置換をしたら、健康な方と全く同様の健康的な状態になる、と思っている、健常者の方、沢山おいでになりますよね。

家内は、鬱病が悪化した、いわゆる躁鬱病。正確には、双極性障害2型と言う病で、精神疾患の状態ではなく、精神障害の状態です。

障害の定義って、症状固定を言いますので、私なら、人工弁置換をしていますから、二度と天然の弁は生えてこないと言う事です。

家内なら、双極性障害の状態から、治癒する可能性は、限りなくゼロだ、と言う事です。


職場には、利用者の方々がおられます。知的障害のある方々です。

知的障害者って、成長がゼロ、と考えている方々も多いと思いますが、適切な支援と、ご本人の障害認知があれば、かなり成長する事が出来ます。


自分は、どうも、この行動はダメらしい、とか、この習慣は、とても良い事らしい、と言う認識の事を、知的障害者の方の場合は、障害認知と言うと思います。

私たち、障害者支援の支援者は、気付きを得て貰える様に、仕事をするのです。どんなに重い方でも、気付きは持てる、と、私は信じています。


軽い方々は、言葉や思考があるので、反って難しいのですが、気付き、を得て貰う事は、とても大切です。
必要に応じて、勿論、支援もしますよ。



職場の同僚の方は、ほぼ間違いなく、アスペルガー症候群でしょう。知的レベルには、全く問題ないのです。発達障害の分野になり、精神障害の1つになります。


ご本人に罪は全くないのですが、この方は、ご自分の障害に全く気づいておられない様子です。


一般の会社等では、弾き出されるか、大変虐められてしまうでしょう。

アスペルガー症候群の方は、良く空気が読めない、等と言われますね。

どういう事なのか、最近、やっと判ってきました。


職場には、作業をする場所と、一般のお客様に、ランチを提供する喫茶室とがあります。

ちょっとした話で、空気が読めない、って、どういう事か、簡単に説明してみます。


喫茶室担当の職員さんが、ご家庭の事情で、やむ無く退職されたので、繋ぎに、私が主に下準備をしています。


同僚は、数や順番の認知能力が極めて高いので、店が混み合う時は、完璧にウェイターをしてくれます。絶対間違えません。これは障害の副産物として、神様が与えた能力みたいです。


数日前。

上司が下準備等が終わったら、私を作業室に戻し、同僚に、店を閉める迄を全て任せる様にした事がありました。


後日、上司が呟いたところによると、同僚は、ウェイターをして、レジの計算をして、店を閉めて、それで終わりになってしまったようなんです。

?と思った方、片付け、掃除、翌日の為の準備、がありませんか?


利用者の方が、洗い物はします。でも完全に片付けが出来る訳じゃありませんし、片付けは、職員の業務です。


使って残った材料やら、揚げ物だったら、油の始末やら、色々後始末がありますね?


それを自分がその日はやる担当なんだ、と、理解出来なかったみたいでした。


勿論、私は作業室に戻りましたから、作業室を最後迄やって、最初から、判っていた、翌日の買い物で忘れたものがあったので、上司に報告して、車で買い物に行ったのです。


職場に帰ってきて、喫茶室へ行きましたら、きれいに片付いていました。


上司が片付けたのでしょう。


同僚は、自分の障害を認知していない様に感じますが。


奥様が、精神障害のある方の為の、ソーシャルワーカーだそうで。


我が家にも、寝た切りが居るように、ご家庭では何事ないのかもしれませんね。


障害を認知するって、本人にとって、大変大切な事、と私は考えますが、実際はどうなのでしょうね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック