bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



だましゑ歌麿
昨夜、昨今大人気の、水谷豊さん主演で、『だましゑ歌麿Ⅲ』と言うのを、テレビ朝日で放映していましたね。

『相棒』のファンです。
どっちかと言えば、『探偵 左文字進』の方が好きですが、最近、制作されていないようです。

で、水谷豊さん、60歳にして、初めての時代劇 との事。
話は面白かったです。
助演の俳優さんも、芸達者なベテランの方ばかりで、時代劇らしさがありました。


いや…

実は、違和感がぬぐえなくて。

水谷豊さん、殺陣はうまかったです。
何か が、しっくりこない。

どうも、時代劇なれしていないから じゃないかなぁ?と思いました。
言葉や、所作が、現代劇を引きずっている?

岸部一徳さんは、あの方は、芸達者ですから、現代ものをやっても、時代劇をやっても、台詞回しの癖などはいつも似た感じなんですが、なじむ方ですね。

笹野高史さんは、18代中村勘三郎の下で、さんざん、歌舞伎の様な物(笹野さんは、歌舞伎の家に生まれていないし、一門に属していないので、歌舞伎の定期公演の舞台、歌舞伎座、南座などには上がれません。)を精進した方ですから、現代劇が元々の方ですけれども、時代劇、うまいです。




時代劇って、リアリティを追求しちゃダメなんじゃないかな と私は思って居ます。
勧善懲悪でも良いだろうと思います。
水戸黄門が、あれだけ長寿番組になったのは、判りやすいお決まり があるものだから でしょうけれれど、やっぱり、東野栄次郎(文字が違うな…失念)さんの功績が大きいのでしょうね。

他の俳優さんがずいぶん、黄門様をやりましたけれど、東野英二郎(こっちだったかしら?)さんを超えた方はいないと思います。西村晃さんは、かなり実力を発揮された凄い方だと思って居ますが、他の方々は、別の看板主演作の印象が強すぎて、なかなかなじめませんでしたっけ。


で、他にも、ちっと無理がありすぎませんか?と言う設定があって、それも、どうも、しっくりいかなかった原因かもしれません。

『喜多川 歌麿(きたがわ うたまろ、宝暦3年〈1753年〉頃? - 文化3年9月20日〈1806年10月31日〉)とは、江戸時代の日本で活躍した浮世絵師。』なのであります。


『『だましゑ歌麿』(だましえうたまろ)は、高橋克彦による日本の時代・推理小説、及びそれを原作とした2009年9月12日放映のテレビドラマ。』ですが…

最初の舞台は『寛政2年(1790年)』。40歳くらいかな?


田沼意次 と言う老中の方がありましてね。
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 享保4年7月27日(1719年9月11日)
死没 天明8年6月24日(1788年7月27日)

と言う方です。

結構、贅沢をしたり、わいろを取ったり と言う方だったようで、以下の様な落首が残っています。

・田や沼やよごれた御世を改めて 清くぞすめる白河の水
・白河の清きに魚も住みかねて もとの濁りの田沼恋しき

田沼意次は11代将軍家斉の下で、享保の改革 をやった人だと思いますが、将軍家斉と言う方、贅沢大好きでして、さっぱり効果が上がらずに、将軍様がお隠れになると(死んでしまう事ですね)失脚して、酷い目に合うのです。

次に出てきたのが、松平定信です。上記の楽首ね、『白河』と出て来るのが、松平定信。
田や沼、濁りの田沼 と出て来るのが、田沼意次。

だましゑ歌麿 では、この『松平定信』が、歌麿を執拗に殺そうとする と言う様な設定になっているようですが…
確かに、歌麿は、『手鎖50日』なんて、やられたりしていますが、殺されそうになるほどの事はしてません。だって、町人ですもの。暗殺する意味がない。←ココ、かなり違和感があるんです。



だましゑ歌麿 には、『長谷川平蔵(俗にいう鬼平)』が出てきて、まあまあのポジションにあります。
実際の長谷川平蔵は、『火付け盗賊改め』と言う役職の旗本で、奉行所とは別に、放火と殺人、盗賊を専門に取り締まりました。無宿人に、『寄場(更生施設です)』を作ったのも、長谷川平蔵です。

長谷川平蔵、田沼時代の方なんです。と言うか、田沼意次、長谷川平蔵には、悪者には写らなかったようです。(って、当時、テレビもラジオも写真もありません。実際に会える立場の人にしか、ある人物の人柄やら、考えやら は判らなかった時代です。それは庶民も同じで、だから、少し引越しをすると、イロイロ厄介な事があったりしたわけです)

あとは、長谷川平蔵と言えば、『鬼平犯科帳』(池波正太郎作)でテレビドラマになりまして、『中村吉右衛門丈』の印象が強すぎます。



だましゑ歌麿 は、時代的には、登場人物全員、確かに生きていて、お役目もそれなりにしていたのがはっきりしているんですけれど、さすがに、ちょっとこの時代に、この人物たちの交流はなかったでしょう?と言う設定なのが、私にはしっくりこなかったもう一つの理由かな?


救いは、中村橋之助丈で、彼は歌舞伎俳優ですが、テレビドラマの時代劇にも、なじんでいます。
浪人や、同心程度の、身分の軽い武士の役柄は得意な様子。
江戸言葉がなじむ と言うのも、要にいる役どころとして幸いしたのでしょうね。


御庭番?みたいな悪者?の頭?いや、盗賊?が『寺島進』さん。
芝居はうまいのですが、あのしつらえは、テレビ朝日さん、何とかならなかったのでしょうかね?

長谷川平蔵が、『古屋一行』さん。
うーん…荒々しさがないんですよね…登場機会も少ないしね。

意外にうまいな と思ったのは、歌麿の娘の役のお若い女性の方。お名前は判りませんでした。
時代劇の登場人物として、うまかったと思いますよ。


水谷豊さんは、うまいのですけれど、リアリティがありすぎたと言うか、女性をさんざん泣かせてきたような様子に見えなかったんですね。喜多川歌麿と言えば、美人画と、多数の女性遍歴ですから、設定としてはあっているんだけど、浮名を流しているような感じじゃなかった。

これも、しっくりいかなかったかなぁ…


子供の頃は、時代劇全盛で、又、若いころにも、例えば、片岡鶴太郎さんが出演されていた(主演は別の方)新しいタイプの時代劇(それなりに成功していて、又、復活しないかな って良く思いました。)等も見ていて、オッサンは時代劇には煩いのであります。


相棒同様、しばらく、季節もののシリーズとして、続くかもしれませんね。


テレビドラマなどは、見る人の好みですから、『だましゑ歌麿』が出来が悪い と言っているのではないですよ。
私の好みには、少し遠かった と言う事です。

中村橋之助丈を一生懸命見てました(^^:;





ああ!『写楽』とごっちゃになった方、ごめんなさい!
写楽は、氏素性が、全くわからず、わずか数年で、こつ然と消えた人 とされています。
だから、残っている絵も少なくて、偽物も山ほどある絵師だそうです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック