bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



実は介護と言う言葉は?
このブログのタイトルは、2005年から使っていますので、当時と現在では、私の職業認識が変わっています。

介護と言う言葉は、今後、現場からは少しずつ減っていくと思うのです。ヘルパーと言う言葉も、減っていくでしょう。

便宜的に、家内の家事援助を担って下さる方々を、私もヘルパーさん、と書く事があると思いますが、事業所さんは、ヘルパーと言う言葉は、事業所内部では使っていません。

ケア者 と使っておいでです。


私が前にいた事業所では、サポーターと呼びました。
現在、私は自分の仕事上の立場は、支援者と考えますし、家内に必要な事は、まずは家庭内自立、次に社会参加、と考えていて、その為に、包括的な生活支援が必要、と考えています。

障害者総合支援法に変わり、やっと、障害者支援にも、ケアマネージャーの様な、ソーシャルワーカーが入って、様々な個別の支援を、包括的にみる為の、個別支援計画が法律の根拠の下に出来る様になりました。
我が家の場合は、使えるサービス、支援は、制度のものも、制度外のものも、健康保険のものも、可能なものは、全て使っていますから、自ずと、支援団体の責任者の方や、担当者の方が、自治体とも連絡を取り合って、包括的にやって下さっています。

でも、それは、相談支援事業として、収入が全く入らない、善意のものでした。

介護、ヘルパー、と言う認識の中には、連携や将来と言う事が欠けがちなんです。


本日、ある利用者さんに、何かのサービスをする、のルーチンでは、利用者さんの将来は見えて来ない。

大それた事でなくて良いのです。家族が日々の利用者さんの世話に疲弊する事なく、ご家庭にも、将来が見えてこないと、支援者としては、失格だと思っています。


じゃ、鷹山は完璧か、と言うのは、勿論、まだまだ道半ばですし、能力不足は否めないのですけれど、介護ではない!生活支援なんだ、と、これからも努力していきたいと思います。


家内は私のケーススタディにされて、気の毒にも思いますが、本人、生活支援を受け入れた底力の様なものが、少しずつですが、つぼみをつけています。

家内も凄いと思いますし、様々な支援者の方々に、深い感謝の毎日です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック