bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



アスペルガー症候群の方だよねぇ…(多分)
ご本人には罪はなく、真面目で、一生懸命な方なんですけれどね。

職場の同僚?が、ほぼ間違いなく、アスペルガー症候群の方だと思うのです。


社会性と言うか、周りの雰囲気と言うか、自分の求められている役割と言うか、そういう情緒的な事が、理解できない障害 でしょうか。

発達障害に位置付けられているかと思いますが、日本語では、高機能自閉症等と言いますね。

知的レベルには全く障害がありません。
博士号の取れる方もあります。
障害があるって、ある部分が突出して秀でていることがあるのです。
失ったものの代わりに、特性としてなぜか、神様が授けた物 かも知れません。



同僚は男性です。
確率的には自閉症の分野の障害を持たれる方は、男性が多い と言われます。
ダウン症候群もそうだったかも。
遺伝子、XとYの関係だったかしら?


障害はしょうがないです。
ご本人が困っていない物を、周りがとやかく言うべき事でもありません。
特に学習障害、発達障害の方は、知的レベルに全く問題がありませんから。
我が家には2人、エライ重い障害者がいますでしょう?

ワタシと女房ね。
両方とも、結構困った重さです。


障害のある方の為に仕事をしている身として、悲しいなぁ…と思った事はね。
同僚男性さん、ご自分では、どうも、ご自分が多分アスペルガー症候群だ と気付いておられない様なのですよ。
勿論、精神科のフォローや、社会資源のフォローは受けておられません。

なのに。

初対面で、『?何かが変だ。』と気付いてしまい、上司もそうなのですけれど、ある時期、上司と同じくらいの頃に『○○さん、何かある。発達障害?学習障害?』と気付き、今では『アスペルガー症候群さんだね』と無言の了解のもとに、上司と私は仕事しています。

知的障害のある方、精神障害のある方、に特に専門の介護屋ですからね。


どんな状態の方かは、まあ、長くなるのでやめますが。

なるべく簡単な言葉で説明すると、『空気読めない症候群』?

あとは、『同じ目的の物でも、形状などが違うと、同じ目的の物だと理解できない様子』

『ご自分で無意識のうちに、自分の役割を決めてしまい、それ以外には一切無関心』

『ご自分が無意識のうちに決めた何かを阻害されると、混乱される』

『徹底的な指摘行動、押しつけ行動が多い』


アスペルガーさんでしょうねぇ…


自画自賛で恐縮ですが、私は彼がアスペルガーさんだ と承知の上で仕事をしています。
社会性にかなり困難を生じる障害をお持ちなので、一般的な仕事と言うか、集団の中での身の処し方などは、非常に難しい方だと思って居ます。

ご本人は自覚ないですよ。
障害ですから。ご本人が心がけが悪いとか、性根が悪いとか、意地が悪いとか、そういう事では決してないんです。
理解できないから、障害なんだから。

でもね。

一般企業では、はじき出されてしまうと思うのです。


一般的な精神疾患からくる、精神障害の方
一般的な知的障害者の方
の支援は、私の専門ですから、良いのですが、『一緒に仕事をする、支援者としての職員仲間が、発達障害をお持ち』と言うのは、余り多くない話で、非常に仕事がやりにくいです。


と言って、ご本人にはご自覚がなく、多分、障害がある事に気づいておられない となりますと、文句を言っても、喧嘩をしても、その方は、理解できないから障害なので、益がありません。

どうしたものかなぁ…と思いつつ、試行錯誤で仕事をしています。

偉そうなこと書いている私も、最重度の身体障害者ですから、身体的に不能な事、医者や薬が不可欠な事、ハンディが沢山あります。




発達障害の方、学習障害の方、私は実際に支援した事はなく、現実に出会って確信した方は、今までの介護屋人生の中で、その方だけです。

手帳は取れるか、取れないか、ぎりぎりくらいの比較的軽い方だとは思いますが、一般企業などでの就労、福祉の仕事、精神障碍者の方への仕事 を希望されている様子なのですけれど、ご自分が支援者になられること には少々困難があるだろうなぁ と思う毎日なのであります。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック