bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



何か方策がないかなあ?
私の勤務先は、デパートの紙袋等を作っています。下請け、内職です。


紙袋の造りをご存知でしょうか?

袋本体には、取っ手か、紐がついています。それを取り付ける前には、口の部分に折り目をまず付けて。それから口になる部分を、中に折り込みます。

これで形は袋ですが、このまま取っ手や紐をつけると、持った途端に、袋が破れてしまうんです。

取っ手や紐がつく部分、つまり折り込んだ口の部分には、見えない中に、ボール紙の芯が接着してあるのです。


この芯を付けるには、昔は、糊貼りしたそうです。今は、幅の狭い、両面テープです。


芯になる紙、底に入れる補強の紙、は、工場でカットされたものが来ます。

底の補強材は入れるだけですが、取っ手部分の芯には、手作業で、両面テープを貼らないといけません。


単調で、達成感が無い割には、手も目も肩も手首も、非常に疲れます。

以前は利用者さんで、能力が低い、とみなされた方々は、ずっと両面テープ貼りしかさせて貰えなかったとか。

昨年末に、今の上司が、てこ入れして、職員さん総取り替えをして、私たち、今の職員が居ます。

今は、そういう類いの、下準備的な事は、職員がやります。大抵、私か、上司かな?


時には、利用者さんもする事があります。


ここで難問なんです。

両面テープは、業者さんから支給です。取っ手等が落ちない程度に、なるべく短く貼ります。経費が無駄になりますから。


大体、芯になるボール紙の中央に、全長の4分の1〜3分の1程度が目安です。


この認識って、知的に障害のある方々には、かなり難しい。

見本を置けば良い、と言った同僚がいましたが、見本を置いて、それに合わせる能力を授かっていたら、作業所には居ませんよね。

見れば長さが違う事が判る、ともその同僚は言いましたが、障害特性や、個人の特性で、長さが違うのは分かっても、比較しながら、見本を利用出来ない方もあるんです。

手の加減や、リズムで切っている方々は、長さは眼中にありません。
ついでに、長くなる特徴があるんです。


何か治具を作るか、と考えていますが、口周りの長さ=必要な両面テープを、見本を付けた、治具に付けて、後ろに下敷きみたいなものをつけ、挟み込んで、テープを切って貰う、ら無理かなあ!

手の加減や、リズムで切っている方々には、厄介で気の毒ですが、簡単なものを作ってみようかな?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック