bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



本日は休みです
休みは、医者巡り、と決まっています。面倒ですが、病気のデパートとしては、仕方無いです。

昨夜も、一件、医者に行きました。ウィルス性の異形成、要するに、いぼが、何故か、左手の人差し指の親指側に出来て、これがしつこいのであります。

昨夜で、三回、液化窒素で処置して貰いました。

焼く等と表現しますが、実際は凍らせるらしいです。とにかく、飛び上がる程痛い(>_<)。

南極大陸には、病原菌はいないんだそうです。先生曰く、南極基地には、人間が持ち込まない限り、全く病原菌はいないとか。

建物の中で、5℃くらい、外は-20℃くらいだそうで、寒くて、病原菌は生きられないんだとか。


南極大陸全体が、天然液化窒素みたいな状態と言う事でした。

患者さんに、自衛隊の隊員の方がいて、ウィルス性の異形成、いぼ、が、全身あちこちに出来る体質の方だったとか。

1年、南極大陸に派遣になって、帰国されたら、派遣3ヶ月くらいで、全身を悩ませていた、いぼが、全てウィルスが死んでしまい、綺麗に治ったそうですよ。


でも、私は南極大陸には行かないので、液化窒素で処置して貰っています。処置自体も、痛いですし、根が深く、表面はマッチ棒の軸くらいなので。処置したあとも、何か巻いておかないと、モノに当たると、とても痛いです。

違いますけど、イメージは鶏眼(要するに、魚の目)みたいな感じです。


そうそう、出来るものではないんですけどね〜。記憶の中では、初めてです。



で、本日は、自分が精神科でした。最近は、職場にも少し慣れて、ストレスと身体の負荷は同じですが、まあまあ対処出来る程度になっています。

先生とお話をして、最低限の薬を貰ってきました。


明日は、家内の支援事業所さんのサ責さんと、地域生活支援センターさんの担当相談員の方と、不肖私で、家内への支援について、擦り合わせを、本人にはナイショでする事になっています。


仕事も家庭も、いつも障害者支援の中にいるんです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック