bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



握手
日本人には、握手の習慣はないでしょう?
日本人が握手と言えば、政治家のアッピール活動やら、そんなのしか思い当りません。

スポーツの礼儀としての握手はありますね。
これは礼儀であって、習慣とは言いにくいかと思います。

障害者支援の世界(とは思いたくないのですけれど)には、変な握手が、まかり通って居る事があります。

ケースとしては、知的障害者の方同士のもめごと を想定してください。

ご本人同士で解決するには、ちょっと厄介すぎます。
日本人の行動の根幹にあるものは、かなり空気を読むような部分があり、厄介で、複雑です。
外国でも同じかもしれないですね。

京都のぶぶ漬け と言うお話を聞いたことがあります。
現在の京都出身者の方、京都に住んでいる方を非難するものではなく、古来の慣習として、ご紹介するものです。


どこかのお宅を訪問しますね。
訪問したら、帰ります。
でも、私も含めて、日本人の古来の感性だと、『けんもほろろに、追い返す みたいに思われたら困るなぁ』と言う感性があります。

引越しの挨拶状に『お近くにお越しの際は、ぜひ、お立ち寄りください』と書いておいて、実際に、近所に来たので、これからお邪魔します と電話があったら、びっくりする が如しです。

京都のぶぶ漬け と言う話も、同じことで、訪問者があった時、訪問した人は、必ず帰りますよね。
帰ります と言うと、引き留める慣用句が、『そう言わずに、ぶぶ漬けでも召し上がって下さい』と言う様な言葉と聞きます。
これは、引越しの挨拶状の、『お近くにいらした際は、いつでも、お気軽にお立ち寄りください。』と同じで、ポーズと言うか、決まった駆け引きなのですね。

真に受けて、『ではお言葉に甘えて、呼ばれましょう(食べるの意味だと思います)』等と座り直すと、失礼にあたる と言う常識がある訳です。


この様な事は、日常生活の中で、どこの国でも、地域でも、必ずある事柄です。
知的に障害のある方々には、言葉通りでないので、とても理解しにくい事柄の一つです。


今朝ほど、利用者さん同士のもめごとが2つ起きました。

もめごとの内容は、余り本件とは関係なくて。


私と、私よりも年齢が若い同僚男性職員さん が、2組のもめごとの最中にいる方々を、上司の指示で、別々に担当して、お話を整理しました。


で。


私、かなり長い間、そういう状況を見たり、聞いたりした事が無かったので、ちょっとびっくりした事が握手です。

ご想像の通り、若い同僚の男性職員さんは、一応、話をまとめた後で、もめていた当事者の方お二人に『では仲直りで、解決ですね。握手をしましょう。』と握手をしてもらったそうです。


いやぁ…

賛否両論あるかもしれませんけれど、幼稚園児じゃあるまいし、握手の習慣のない日本の中で、これはおかしいでしょう。
少なくとも、私はやりません。
仕事の中で、利用者さん同士のお話がこんがらがって、整理のお手伝いをしたようなときに です。

支援者の方で、こんな僻地のブログをたまたま見て下さった方もあるかと思うのですが、やくざの手打ち(古いね)でもなければ、政治家のアピールでもない、一般社会の我々が、ちょっとした擦れ違いなどで、こんがらがった時。

どうせ繰り返すのですけれど、(われわれ健常も繰り返します。???ややこしいですね。ごめんなさい。)一応、腹を割って、話がまとまった、解決した と言う時に。
握手します?


私はしません。
だって。
変だもの。

健常の人に変な事は、知的障害のある人にとっても、変です。
そういう変な事をするのが、当たり前 に感じる支援者さん は私はちょっと苦手です。
これ一つで、物事判断しませんけど、上司交えて、一日の様子を様々話し合う場所で、当然の様に、『握手をして解決に導いた』と報告なさった方には、ちょっとびっくりいたしました。

措置時代には良くありました。
形だけ ですね。
で、理解して頂いていないので、繰り返すのですが(利用者さん方が)『この間、握手して、解決したでしょう?何故、同じ過ちを繰り返すのか?』と怒鳴る訳です。

同僚は怒鳴るようなことをする人ではありませんが、非常に変な対応なので、驚いたと言うお話であります。


スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック