bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



皮膚科で、知り合いに会いました
前の職場は、自宅のある自治体でしたから、どこに行っても、利用者さんと遭遇しました。


先週も、お出かけから帰って来られた利用者さんと、ばったり会いましたっけ。


本日は、私が皮膚科に行きました。しばらく前に、手指の第一関節の手のひら側に、異形成が出来て、おかしいな?と、皮膚科に行ったら、ウィルス性のいぼの様なものでして。

週に一度、液化窒素で、処置して貰っています。

いわゆる、いぼ、は、全てウィルス性ですから、放置すると、肥大したり、自己感染で増えたり、意外に厄介なものです。


手指、左手の人差し指に、違和感を覚えたあとに、どうも怪しくなりました。

勤務中は、利用者さん対応をしながら、紙袋を完成させる、内職作業をしています。

異形成の出来た部分、作業で、紙と引っ掛かる事が良くあるのですが、普通は、ウィルスって、どこでもいるので、感染しないんです。


やっぱり、身体の力が、かなり落ちているんでしょうね。



で、皮膚科に入ったら、ちょうど、診察室から退出してきた方がありまして、その方が、直接支援をした事はありませんが、知っている利用者さんでした。

かなり重度の方で、ある法人さんのケアホームに入居されています。

本日は、お母さんと一緒に、靴擦れの様なものを診て貰いに来られたそうです。

若干、お身体にも、難しい部分があるご様子の方で、靴は、インソールを特注して、靴そのものにも、マジックテープ加工がしてあるもの、を利用されているそうです。

それがなかなか合わず、良く、どこかに当たって、靴擦れがあちこちに出来てしまうとか。


利用者さんも、お母様も、私を覚えていて下さり、話し掛けると、笑顔で返して下さいました。

誰でも医者に行くのは、厄介でしょう?

知的障害者の方には、処置の意味が判らぬ為に、皮膚科や歯科等で、器具が出てくると、緊張して。うまく処置出来ない方もあります。


どうやら、ご本人は、頑張った、と得意そうでした。痛くなかったでしょう?先生は優しいね、等と話し掛けると、患部を披露?して下さいました。


どうしても気になるので、ご自分で触ったり、むしったり、と、とことん悪くしてしまう方もあり、難しいものもありますね。


その方は、お母さんと帰る、と理解されたら、バイバイをして、帰宅されました、
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック