bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



被成年後見人にやっと選挙権が戻ってきました。
以前にも書いたことがあったと思いますが、本人さんの利益の為に、成年後見人制度を利用すると、本人さん、つまり、被後見人の選挙権が、当たり前に剥奪される と言う珍妙な事柄が、長く続きました。
市民運動などが大いに行われましたが、どうしても選挙権は戻ってこなかったのです。

ところが。

ある志のある当事者の方(確か知的障害のある方だったと思います。軽度の方だった?)が国を相手取って裁判を起こしたところ、あっという間に、ひっくり返って、半年しないうちに、選挙権が戻ってきました。

頑として、被後見人の選挙権剥奪を改めようとしなかったのは、まあ、選挙管理委員会ですが、もとはと言えば、国が定める際に、禁治産者、準禁治産者への差別制度を、そのまま、公民権に引き継いだだけですから、そもそも理由がなかった筈の剥奪でした。

一時、私は、家内に成年後見制度を利用しようか と思って居た時期があります。
家内は、全く判断能力がないわけではないですから、私が保護人やら、保佐人やらになるか、NPOさん等にお願いするか 考えたものでした。
本人の財産管理などに、やや不安がありましたし、何かに引っかからないとも限らない時期があったのです。

結局は、そこまでは必要ないと思う状態まで、かなり短期間で回復しましたので、症状は著しく重いですが、大体の用事は、私が事実婚の夫として、何とかできます。選挙も二人で行きます。

選挙自体は、当日、定められた投票所には行きません。定められた投票所は、我が家から家内が歩くのは不能です。小学校の体育館が投票所ですが、狭い住宅街にあり、私の住む町は一方通行路が迷路のように入り組んでおり、かつ、小学校には駐車場の用意がなされません。
一般の方は歩いて行ける距離でしょうが、家内は歩けません。体調によっては、私も歩けない事があります。

なので、駐車場があり、大きな道路に面していて、我が家から一番近い期日前投票、不在者投票が出来る場所に、前日までに投票に行きます。

そういえば。昔は不在者投票とのみ設定がありましたっけね。
当日、どうしても、投票所に行けない人が、選挙管理委員会の人に、根掘り葉掘り『絶対に来られないのか?』ねちねちと聞かれて、押し問答の末、やっと投票できる と言う様な。

今、皆さんが当日ではなくて、前日までに投票されているのは、期日前投票ですが、不在者投票も実は残っています。海外出張やら、自衛隊の演習やら、船舶の出向やら、飛行機のパイロットやら、何でも良いですが、間違いなく、その地にいない方は、不在者投票の扱いになるようです。証明書やらが必要なのかな?

レジャーでも、朝は一応自宅にいて 等あるんでしょうね。期日前投票は、うるさく言って、棄権する人が増えるよりは、レジャーでもなんでも、投票してもらう方が良いと言う事じゃないかと思って居ます。

で、我が家は期日前投票に行きますが、私は『仕事』と書きます。
家内は『病気』と書きます。


やっと本題に入ります。


前の職場では、私はケアホームの世話人をしていました。最初は法人初のケアホームの専任世話人でした。入ったのが平静でいえば、17年です。変遷経て、最終的に退職したのが、平成でいえば、24年かな?7年ちょっといました。そのうち5年は専任世話人で、22年に心臓を切ってから、業務がこなせなくなって、最終的には、今の職場に移りました。

ケアホーム時代の利用者さんのお名前を憶えて下さっている方もあるかと思います。

のんびりさん
コーヒーさん
殿様
ワンピースさん

と称していました。

ワンピースさんは、今年の正月に退室されたそうです。ご実家が、ちょっと離れた自治体で、ご実家のある自治体での生活を構築されるため と聞いています。

あとの3人さんはご健在です。

選挙の時、ヘルパーさん(サポーターとその団体では称しています。ヘルプをするのではなく、サポートするのだと言う事ですね。)をつけて、期日前投票に、ホームから行ってもらって居ました。
私が専任を離れてからは、ホームからの支援者と一緒の投票ではなく、自宅からご家族と行くならどうぞ、みたいに、整理券を自宅に持たせてそのまま と言うようになっちゃった様子なのですけれど、私が居た頃は、ヘルパーさんとご本人で行ってもらって居ました。

選挙の投票所には、『介助の係員』と言うのが必ずいます。
前回、選挙があった時、家内を連れて行ったところ、ここ2年くらいは全くのねたきりですから、場内でふらついて、転倒しそうになりまして。
『介助の者がおりますので…』と係員の方を手配してくれそうになったのですけれど、これが当地だけかもしれませんが、実に慣れておられないので…早い話がへたくそでして。

『本人が自分のペースで歩けます。介助は必要ありません。かなり時間がかかりますが、せかさないでくだされば結構です』と断った事がありましたな。

が、家族などは、介助に付けないので、ヘルパーさん同行でも、ご家族と行かれても、利用者さんには、介助者が2名必ず付きます。文字も書けないのに、なんで投票できるの?と言う様な印象の選挙管理委員会の係員もいて、困惑されることもありますが、文字が書けなくても、文字の認識が無くても、投票は十分に出来るんです。

のんびりさんは、自宅で選挙公報を自分で読んで、それなりに事前にだれに投票するか決めて、ご家族と一緒に投票に行くそうです。ホームからは行かせられなかった覚えがあります。でも、介助の人は必要なく、自分で投票用紙をもらって、投票台で、自分で書いて、投票箱に入れる事が出来ます。

のんびりさんは、平仮名程度ですが、文字が書けますので。

コーヒーさんは、文字を持っていません。
自分の名前は、形である程度分かるとか、引き出しは場所で覚えているとか、そういう感じです。
じゃあ、どうやって投票するかと言うと、指さしです。
勿論、誰の政策が一番自分の価値観に合致するか を選べるわけではないですが、選挙、投票、知らない支援者の介助で、権利行使する等の体験の積み重ねは本人さんの利益になる と私は考えています。

ワンピースさんは文字がかなり書けましたけれど、張り出してある名前から、自分が思う人の名前を書くと言う行動が難しく、自分の名前を書いてしまいます。私は自分の名前を書いても良いと思いますが、(無効でも良いのです。)ご実家は自治体が違うので、退室されるまで、指さしで、ヘルパーさんと投票に行っていたように聞いています。

殿様ですが…

殿様には成年後見人の方があります。
本来は、他の方も、成年後見人の選定をした方が良いのですが、イロイロと制度に使いにくいところもあり、つけていない方もありますね。他の方は付けていなかったですから。

なので、選挙権剥奪で、選挙には行けませんでした。

この夏の参議院選挙から、やっとのことで、選挙権が戻ってきます。

ホームから行ってもらえばよいのですけれど、私はもう口出しできないので、こっそり(ダメ?)密談をして、のんびりさんのご家族に頼んであります。

のんびりさんと、殿様は、子供のころから非常に仲が良かったのです。
殿様は、これはダウン症候群の方にはしばしば起こる事なのですが、20歳前後に『退行』と言う現象が起こって、生活力等が考えられないほど落ちてしまっています。ダウン症候群の方がなりやすい一種のうつ病の様な事が原因等と言われますが、余り詳しい事は知りません。
でも、ダウン症候群の方で、思春期くらいまでは驚くほどの能力を持った方が、20歳前後から、坂を転げ落ちる様に退行された と言うのは、何人さんも見ていますから、ありうることなのでしょうね。

で、元には戻りません。
障害とは時に残酷です。

殿様は自転車に乗って、近所のお医者さんに自分一人で行って、症状を伝えて、治療を受けて来られるほどの能力がありました。
のんびりさんと、突きあいをしながら、おしゃべりも盛んにしていました。
日記も書けて、当時、ご本人が書いた日記が残っています。

でも、私が知る殿様は、時に頓珍漢な行動をとる事があるほど、生活能力は落ちていました。言葉もほとんどなかったです。一定の言葉だけ…


でもでも、やっと選挙権が帰ってきたのです。
殿様も、のんびりさんも、私と同年輩ですから、50歳間近です。
一般的に60歳くらいになると、加齢の為に能力ががくんと落ちてしまいます。
その前に出来る事は何でも経験させてあげたいと思うのです。

なので、のんびりさんのご家族に、のんびりさんが投票に行くときに、一緒に殿様も誘って下さるようにお願いしてあります。


どうしても、指をさすことが出来なかったら、紙を持って、白票を投票箱に入れるだけでも良いんです。昔は投票していました。記憶はどこかに残っているはずです。


じゃあ、知的障害重度の人が投票した有効票は、どういう意味があるのか と考える方もあると思います。それも一つでしょう と私も思いますけれど。

どうせ投票できないから、本人がだれに投票するのかの意味が判って居ないから 等で、安易に権利はく奪することは人権侵害だと思って居ます。
特に障害者施策は身体障害者に重点を置いたものが多く、知的障害者がその次、でも、軽度の人、最後に精神障害者 と言う感じで、どうも宜しくありません。

それを打破するには、どんなことでも権利のある事は、『どうせダメだし、理解できないし』と言わずに、体験してもらう事がとても重要だと思って居ます。
だから、私は寝たきりの家内を投票に連れて行きますし、利用者さんにも何とか白票でも良いから、体験してもらいたいと思って、支援をしていました。


棄権するのはもちろん、有権者の権利です。
白票を入れるのも権利です。
わざわざ無効票を入れるのも権利です。

権利は行使しないと、いつ剥奪されるか判らない と言うのが私の持論で、なので、被後見人から選挙権を当たり前に剥奪した国には大いに不信感を持っていました。


って、判決が出たら、3か月経たずに、初めて知ったかのように国会に通す議員さんも議員さんだし、総理大臣も総理大臣ですけどね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック