bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



循環器に来ています
仕事は休みですが、病院行脚ですね。火曜日の半ドンも同じ感じです。あとは家事、雑用です。

この時期、検査室の方々に、新人さんが入って、現場に出てきているところです。こちらは、心臓の手術件数は、毎年年間一番多い様な、循環器単科の大病院ですから、学卒で入られているのかは知りませんが、新しく、若い方々が出現し始めるのが、4月か5月頃かな?

で、微笑ましい事が色々起こります。

検査室には、看護師さんは、多分おられません。皆さん、臨床検査技師さんのようです。

採血室も、心電図室もそうかな。レントゲン室、は、レントゲン技師さんですね。

採血室では、皆さん、どこから採血するか、しばし考えていますよ。私、少し採りにくいみたいです。

腕の静脈から採れますが、片方は浅く、太いそうですが、静脈弁があります。刺すと内出血するんです。外からは、正確な場所は判らないそうです。

あとは刺された私は痛いですね。

採血で、刺した針で、血管を探られた経験のある方もあるでしょう。痛いですよね?新人さんは、どうしても、シリンジのカートリッジ交換の時に、針の先が揺れるので、ベテランさんよりは、痛いですな。


で、もう片方は、数ヶ所採れる場所があるそうです。こちらは、見た目よりもかなり血管が細く、かつ深いんだとか。針が静脈迄達しない事が、数年に一度くらいありますね。

そういう時は、こちらでは、技師さんが別の方に交代して、もう片方の腕から採る様にしている様子です。患者が不安にならない様に、かと思います。


本日の採血の技師さんは、太い血管から採りました。やっぱり針が動くので、ちょっと痛かったです。


心電図室も、多分、新人さんだったと思います。まだ慣れない方は、必ず、肋骨を数えて、位置を確認されます。本日の方、少しずれたみたいで、電極つけ直ししてました。あとは、電極が外れてしまいました。

心電図って、実は2種類あるんです。一般的なその場で採る心電図ですよ。健康診断なんかでは、一回しか採りませんよね?あれは8誘導と言います。

専門病院だと、二回採るんです。電極の位置を動かすんです。こちらは12誘導です。私は子供の頃から12誘導です。


診察室でドクターに質問してみたら、国会試験を通って、その成績の良い方を、学卒で採用しているそうでした。臨床経験のない新卒の方々だそうです。

新卒の方々、物凄く大変だと思います。今は、採血の時に上手に出来ずに、交代して、ベテラン技師さんにやって貰ったり、心電図も確認をベテラン技師さんがしたりする事もあります。
ドクターの患者さんでも、今朝、二人の患者さんが、二ヶ所目からやっと採れた方があったそうです。


救急搬送が当たり前の病院ですから、物凄く大変だと思いますが、めげずに頑張って欲しいなあ、と、毎年、春が過ぎる頃に思うのです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック