bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



忙しくなってきました
家内の不調は続いています。仕方無いですね。

私は勤務時間は、他の契約職員さん=同僚よりも、かなり少なくして貰っていますが、勤務時間でない時間は、自分が医者に行ったり、家事を片付けたりで、毎日疲れてしまいます。

困りましたね。
仕方無いんですよ。
夫婦揃って、障害年金を受給していますが、我が家は自宅で、家賃はなく、現金で買いましたから、ローンもありませんが、障害年金だけでは、日々の生活費にも足りません。

家内は労働は不能ですし、私は知的障害のある方の為の介護屋しか潰しが効きませんし。

忙しくなってきたのは、私の様な、生活支援を生業としてきた介護屋は、広く浅く、何でも屋のニーズなんです。

知的障害がおありの方々は、一般の方々よりも、出来る事の精度と言うか、自力が、著しく凸凹です。
ですから、私の様な介護屋がいる訳です。

作業所勤務になったので、昼間、作業だけやっていれば良いかも、と、少し負担軽減を期待したのですが、勿論そうはいかないです。

若いのに、歯磨きの仕方を教えて貰えなかったのか、エンドレスで虫歯になっては、削って抜いている方があります。

その方が、どのくらいの手足の能力があるか、理解力があるか、見極めて、支援が必要ですよね。

昼休みに、一緒に磨きましょう、と言う事を始めましたら、この部分には、様々な難しい点がおありな事に気づきます。

歯を磨きなさい!と叱ってもダメです。まずは不完全、形だけ、から、出来る部分は、本人さんに努力して貰って、不能な部分は介助でやる、しかないのですが、ホームの措置時代からの職員さんは、たまたま専門は調理員さんの方が殆どで、ホームで果たすべき事柄を理解なさって居ない点が多い様子です。

言葉は悪いですが、怒ったり、怒鳴ったり、で対応されている職員さんが多い様子。怒鳴っても必要な事を利用者さん達は、獲得出来ない 事を知らない方々が、生活支援をしているらしいです。

若い同僚の方も、ごく軽い何かのご病気?かも?病気と言うよりも、発達障害、学習障害、の様に感じられます。

これも、職員さんのサボりではありませんから、仕方無い部分があります。

ある程度の理解力がある方でも、凸凹が激しいので、難しいのかもしれませんし、その為にも支援が必要です。

私、昼休みが一番忙しいんですよ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック