bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神喪失
どうも、精神科用語の様です。

家内は、精神症状が酷い時は、ふらつきが激しくなり、予兆は分かる様子ですが、転倒します。短い間ですが、意識が飛ぶ様ですね。
倒れた物理的なショックから?かもしれませんが、過換気も起こす事があります。

病院で倒れたなら、どこの病院でもなんとかしてくれますが、外出中に、スーパーマーケット等で倒れたら、見た目が派手ですから、救急車を呼ばれる事、請け合いです。

通院以外の外出は、私と一緒でないと、怖くて出られないと言います。

自宅では、倒れても、救急車は本人も私も呼びませんので、頻回に転倒します。

夕方から眠っていたら、そういえば、ドーン!と言う様な音が連続して、うっすら聞こえた様な気がしましたが、私は半分夢の中。

家内が何回目かに、私の部屋のドアの外で転倒し、ノックをされて、やっと気づきました。


てんかん波はないのを、入院中に検査してあるのですが、てんかんのある方々等のある方々は、脱力発作を起こす方々がありますが、ちょっと見ると、てんかんの脱力発作みたいに見えます。

本人は物の様に倒れるので、あちこち打って痛いし、意識は朦朧とするし、で気の毒ですが、彼女の本来の症状なので、転倒しない、と言う訳にはいきません。
過換気起こすと厄介ですから、私がいる時は、無理な力で頑張って身体を本人が支えない様に、様子を見ながら、声を掛けて、落ち着かせてから、自力で立つのを待ちます。力づくで立たされると、重心が定まらないので、又崩れてしまうから。

一回転倒すると、介助とちょっと支えて、立てる様にするのに、一時間くらい掛かる事も良くあります。


私はうつ病はなった事がないので、どうなるのか、は見当がつかないです。


早く抜け出してくれる、と良いなあ〜。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック