bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



私の職場
今の私の職場は、措置時代からあるもので、ただいま、変革、意識改革中です。
私を誘ってくれた、昔の上司が2年程前に、現在の常識から、かなりずれたままの、ご実家の団体さんを危惧されて、大きな法人に勤務されていたのですが、実家に戻られた、との事でした。

仕事を始めて、そろそろ1ヶ月です。少しずつ様子が判って来ました。


元々、上司の実家があった場所に、鉄筋コンクリートの建物が2つ建っています。

その片方の一階部分の、道路側が、喫茶店、奥が作業室です。

それ以外の部分は、昔で言うと、なんだろう?通勤寮?

寮母さんが住み込みで、4つに分かれているそうで、寮母さんは四人。各々に四人ずつの利用者さんが、永住型で、居住されています。

今は、障害者総合福祉法になりましたし、自立支援法の時もそうでしたが、こういう居住場所は、ケアホーム、グループホーム、の扱いなんですね。

だから、制度の上では、共同生活介護、共同生活援助、なのですが、実際の様子は、措置時代のまま、です。


そして、喫茶店と、作業室で、措置時代は、授産をしていた訳です。


それが、就労継続Bと、就労移行の扱いになっても、職員さん皆様は、意識改革が難しかったみたいで、上司が危惧を感じて、実家に戻られたら、措置風のやり方では、今は通用しませんので、軋轢があったみたいです。


居住場所の寮母さん達は、そろそろ70歳くらいの方々だそうで、年齢的に、障害のある方々の、自立を支援する、と言うのは、ご理解難しいそうです。


私は、措置時代の一番最後の頃に、当時のモデルケースとしての、今のケアホームに近いものから、この世界に入りましたので、措置時代の様子は知りませんでした。


私が仕事をしているのは、作業室の部分で、喫茶店の部分も、上司の指導の下、ある程度、三人の新規職員が、把握しています。作業室では、内職的な事を、仕事として、利用者の皆様に提供しています。内職の場所が、私の主な場所です。

ずっと、重度の知的障害がある方々の、地域での生活の仕事をしていましたね。
作業室等は、利用者の方々には、職場に当たります。利用者さんは、中度程度でしょうか。軽度の方も、重度の方も、少しおいでです。

生活支援ではなくて、社会参加支援、ですから、まだまだ全然うまく出来ずに、悪戦苦闘しています。

見た目は簡単そうなんですが、中度程度の方々に、自立と社会参加の意味合いを判って頂くには、当分掛かりそうです。


グループホーム部門に永住型で居住されている方々は、階段降りたら、職場がある。


その中には、身体の不具合がある方もあります。ホーム部門では、何も対策していない事が色々ある事が見えて来ます。


難しいものですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック