bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



夜の安全確保
家内は、ストレッサーにより、精神状態が悪くなると、症状が身体に現れます。ふらつき、転倒する訳です。ついでに過換気発作も誘発します。生命に別状はありませんが、人としての暮らしの質が、かなり下がってしまうんです。

日によりますが、酷い時は日に6回、物の様に転倒した事もあります。最近頻度が増し、主治医が全面的に薬を組み直して下さったそうです。

ストレッサーが無くなり、ある程度本人が安心出来る迄は、薬では症状は抑え切れないのです。本人は大変辛いだろうと、察せられます。

私はパートながら仕事をしていますから、昼間は家内は1人です。様々な支援者の方々に支えられて、在宅生活を確保しております。

主治医も私も、本人に入院が相応しいとは、全く考えておりません。入院生活は、生活の様子を全て把握して貰えるので、安心な反面、社会生活からは、ほど遠い状態になりますね。

退院から3年弱ですが、一度も再入院して居ないのは、医療と生活支援のおかげと、本人が生活支援を受け入れる事が出来る様になってきたから、では無いかと、感じます。


現在は、家事援助のヘルパーさんが、週に二回、90分ずつ、相談支援と少しでも外に出る支援の為に、サ責さんが、隔週60分ずつ、相談支援等の無い週は、精神病院の通院ですが、1人で着替えや支度をして、マンションのエントランスから、道路迄行ける状態では無いので、通院送り出し援助もして貰っています。

その他、精神病院の訪問看護も週に一度、30分〜60分来て貰っています。目標は、30分歩ける事、なのですが、現在はベッドから起き上がる事が出来ない様子らしいです。

昨年の夏に、病的な浮腫が出て、訪問マッサージさんを利用する事にしました。浮腫は改善しましたが、筋肉が無い状態だそうで、今も利用しています。

週に三回は、惣菜の配食も利用しています。


勿論、全て、制度で賄える訳ではなく、家事援助の週に150分分は、制度利用ですが、相談支援や、通院送り出し援助は自費です。制度では足りない家事援助、週に30分も自費。

訪問看護さんと、訪問マッサージさんは、健康保険の範疇ですから、3割と、1割が掛かります。


こんな状態なので、いつ転倒してもおかしくない。本人も私も驚きません。


しかしながら、夜中は、ちと心配です。持続時間のかなり長い睡眠薬を服用していて、神経だけ興奮状態になってしまうと、眠れないけれど、ぼーっとした状態になります。

どこで躓くか判りません。
家内の部屋は、手洗い、風呂場から、一番遠い部屋です。私の部屋は手洗いの隣。壁の向こう側は、手洗いです。

家内が手洗いにたどり着く迄に、関所がいくつもある。

部屋のドアは外開き。
キッチンを通り、内開きのドアを引いて開けないと、通れません。

キッチンは電灯の小さいのを付けておきます。手洗いに向かう時に、内開きのドアは、完全に手前に引いて、開けておきます。

帰りに閉めるな!
頼むから!

手洗いの電灯も付けておきます。お願いだから、消さないで!


飛行機の夜の滑走路と同じですね。

ストレッサーが無くなるには、まだまだ時間が掛かります。無くなったらすぐ、症状が無くなるわけではありませんし。

良く在宅で頑張ってくれていると思います。


どなたにも、ストレスは厄介ですね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック