bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



今までなかったことに驚きました。
.ストーカー、警告でなく治療で予防へ…方針転換

YAHOOの記事のログなので、しばらくすると、消えてしまいますが…

かなり驚きました。
ストーカー行為は、精神的な疾患です。こだわり行動の一つと考えるべきでしょう。
そして、反社会的な行動であることが判らない状態で、衝動を抑えられない状態ですね。

これ、アルコール依存症の方に、酒を飲むたびに、『酒を飲んではいけません』と幾ら説得しても、降下がないのと同じでしょう。
私は、友人の家族が、アルコール依存症になり、DVが激しかったために、DV保護法を使って、逃げていたのを知っています。アルコール依存症がどういうものか、も、よく判って居る友人です。
本人さんが、治療を受ける決心をして、医師と共同作業で治療を進めていかなければ、死亡します。
それを承知の友人は、家族に対して、その事を何度も説明し、行動がなく、DVが続いたために、保護法を使って、別居したのでした。

友人の家族は、残念ながら、治療を受ける気持ちがなく、5年~長くても10年は生きられないだろう と言う予想よりも、かなり早く、3年半で、自宅で変死体で発見されました。
死後半月~1か月程度経過しており、遺体は原形をとどめておらず、友人と一緒に別居した子供さんたちは、ご家族の遺体を見せて貰えませんでした。
警察からの連絡を受けて、自宅だった場所に行った時には、蠅等が、大量に飛んでおり、腐敗臭激しく(遺体はすぐ警察の鑑識さんが、運び出しをされていて、ご遺体は既になかったです)、すさまじい状態でした。


ストーカーを繰り返す人も、精神的な不具合がある方たちです。
ストーカー行動が良いとは思いません。
悪いに決まっています。
でも、アルコール依存症の人に、毎日文句を言っても、酒を断つ事は出来ないのと同じで、幾ら警告しても、逮捕しても、刑務所に入れても、治療と生活支援が無かったら、何の効果もない事は、判り切っているのに。

今まで、注意して終わり だったのが、信じられません。

被害者にも、加害者にも、治療と、生活支援が必要です。
その意味では、被害者の方も、加害者の方も、立場は同じです。
精神医学的に考えれば、自明の理なんだけど。

厳しく注意すればやめる事が出来るなら、ストーカー被害者の方々が、異常体験をしたり、怪我をされたり、心の呪縛にあったり、死亡されたりと言う事は起こりません。
ストーカー行動に出ている加害者も、心の不具合に悩まされているから、ストーカー行動に出るのです。


で、マスコミが、又、騒ぐわけです。

異常人格者だとか。
周囲の家族は注意しなかったのかとか。
性的な異常者だから、ずっと刑務所に入れておけばよいとか。

そういう風潮が、世間一般にも広がります。

ストーカー行動をしている人のすべてが、精神的な治療が必要なわけではないですが、(軽度の方、ボーダーの方ありますから)治療が必要な人は確実にいます。

インターネットで、様々な方のご意見を見てみましたら、ほとんどの方は、(半分冗談も含まれていると思いますよ。匿名の意見ですからね。)死刑にしてしまえばよい(と言う意味の言葉で表現)とか、ストーカー本人に『あなたは精神的な治療が必要だから、自主的に精神科に行ってください』と言って、終わりにして、警察が責任逃れ、とか、治療費は本人の自己負担にすべきだが、どうせ、正常な自分たちの血税(血税等と言う方は、私は好みません)が使われて、結局途中で行かなくなって、又、ストーカー、とか、そんな意見ばかりでした。


精神障害の一種だとは思いますけれど、ゆがんだ成育歴やら、周囲の扱いやら、様々な事が悪く重なって、ストーカー行動が出るんです。

ストーカー行動なのですが、言われれば、『ああ。有難迷惑だったのか』と気付く普通の人もいるんです。ちょっとおせっかいな性格の人とかね。

治療を継続してもらうためには、生活支援者も必ず必要なんです。
そのあたりは、余り言及されていませんね。
現在は、担うとしたら、地域生活支援センター(と言う種類の法的な支援機関があります。)、又は、地域の支援団体への委託 等をしないと、お巡りさんが巡回なんぞしても、精神科にアンケートを取っても、効果ないです。

規則を作って終わり では解決になりません。

もうちょっと実効性のある事を考えられないのだろうか?
役所の様々には、介護屋は慣れていますが、実にもどかしい話でもありますね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック