bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



障害者虐待防止法
当たり前ですが、誰に対しても、虐待を行う事は許されません。躾と称した虐待が頻繁に刑事犯罪として発見されたり、密室的な場所で、支配的になりやすい立場の者が、日常的に虐待をしている事が、なかなか発見されなかったりします。

障害のある人は、適切に社会や相談機関に訴える事が出来ない事もあります。

私が家内に虐待をしていたら、家内は症状悪化して、支援者の方々に訴える事が出来れば良いですが、悪化した状態では、かなり難しいと思います。


私はどうだろう?
心身共に疲労困憊して、病状が差し迫って来たら、自分で判る範囲、どこをどうすれば、健康に近くなるか、判断出来る余裕が残っていれば、主治医の病院に連絡して、指示を仰げますけれど。

ちょっと自信がないかも。


老人ホーム、様々な病院の入院病棟、認知症状対応型の入所施設、知的障害者の生活の為の入所施設、グループホーム、ケアホーム、同じく、精神障害者、身体障害者の為のもの、或いは、日中活動の場所、一般社会ならば、独善的な支配者がいる、閉鎖的な部署、等々、虐待が起こりやすい場所はあります。

でも、普通は起こりません。支援者が虐待とは何か、を身に付けているからです。



あるところに、ある種類の障害者の方々の為の、グループホーム、ケアホームが4つユニットあります。

住み込みの寮母が四人いる。

日常的に、住んでいる障害者の方々に、当たり散らしています。食事を与えない事が先日ありました。

罵倒等は当たり前であります。


寮母四人は、障害者が嫌いな様子。


嫌いなのは、人間ですから、仕方無いです。なんで転職しないんだろう?


既得権で、怒鳴っているだけなのに、数十万円の給与だそうです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック