bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



精神疾患と、精神障害
家内は精神障害の状態です。一生障害の状態から健常な状態にはなれないでしょう。通院、服薬、生活支援がずっと必要だろうと思います。

コントロールは出来る様になります。時間は膨大に掛かりますが、不調著しい今でも、本格的な治療と、生活支援を受け入れてくれる前の状態よりは、格段に良くなって来ています。

それは障害認知が出来る様になったからで、主治医の治療のおかげです。家内の主治医には、本当に感謝でいっぱいです。

精神障害は、医療だけでは、家庭内自立や、社会参加、症状の安定は難しいです。生活支援って、自宅に様々な支援者の方々が来て下さる様にしたのですが、ストレスをどうしても溜め込んでしまう家内には、まあまあ良い選択だったと思います。


精神疾患ありますね。簡単に言えば、軽い人でしょう。ストレスは誰にでもあります。嫌な事だけでは無くて、嬉しい事も、天候も、ストレスになります。

症状が出る人で、その為に生活等に困っている人で、精神科にお世話になっている人が、精神疾患でしょうか。症状があっても、何とか自分で凌げる人は、精神科に行く必要がないので、精神疾患とは扱わないそうですよ。

かなり前に、私も困った時期がありました。今の精神科の主治医の初診が、平成8年らしいので、13年前ですか。2000年頃ですね。
その前から症状はありまして、内科等で相談していましたが、これはダメだ、と思い、電話帳で探して、予約を取ったのが、今の主治医でした。

本人が困っていない、としても、明らかな精神症状があり、その為に本人が正常な範囲の生活が出来なかったり、家族や他人、社会に多大な影響を与えていて、本人は病識が全くないケースは別です。
社会が悪いから働かない、やら、家族が悪いから虐げられている、とて、理由なく暴れる、やら、度々危険な事をして、生命が危ういとか。

こういう方には、誰かが説得して、精神科に行って貰う事が、本人を救います。

で、戻って、私。

現在、精神障害の状態ではありません。ですから、家内と同じ手帳は所持していません。
精神疾患の状態か、と言うと、これも違います。症状に困っている訳ではないです。

精神疾患は、困っていないけれど、多少症状はある、と言う、ごく普通の方も含めて、誰でも、いつでも、なる可能性がある、非常にポビュラーな疾患です。だから、心の風邪、と表現するんです。


私の当時の状態は、狂乱状態と言うべき状態でした。様々なストレスがかかり過ぎて、頭が真っ白な状態かな?ちょっと違う?

初めて精神科に行った時に訴えた事を何となく覚えています。

家族(まだ独身で、実家にいました)、会社、社会が私を虐げます。家族の心構えを治して欲しい。

症状はイライラと、不眠でした。出勤しなくてはならないのに、どうしても眠れない、衝動的にイライラ発作?がやってくる。

家族や、会社や、社会が悪い為だと信じていましたね。これ、明らかにおかしいです。

後で、疾患名を主治医に聞きましたら、強迫性障害、と言えるでしょう、との事でした。


私の中には、強迫的になりやすい性格?要素?があるのですね。一度発症していますから、とんでもなく負荷がかかったりすると、単発で症状が出る可能性はあります。

私が困らなければ、精神科は行かなくても良いのですが、心のホームドクターとして、今も定期的に受診しています。


家内の状態と、私の状態は全く異なります。学校通学中に、10年ぶりくらいに、強迫的発作症状?みたいなのが出てしまい、貰った事のない、頓服薬を頂きました。

精神科の頓服薬は、本人が困ってどうにもならない、と言う時に、緊急避難的に服用する為の薬です。

中には、頓服薬で出される類いの薬の依存症、みたいな状態になる人もあり、処方制限関係なく、際限なく頓服薬で出される類いの薬を飲む人があります。

そういう状態になってしまうと、何ヵ所もの精神科に行き、処方制限ぎりぎり迄、頓服薬を出して貰い、本来的な薬は、そっちのけで、頓服薬依存症になる事がかなりありますので。

その類いの薬は、初期に使うか、自己コントロール出来る患者にしか、精神科医師は出さない。

特に危ない、強い薬ではありません。依存性が高く、効いた感じがはっきり分かりやすい薬、です。当然切れた感じもはっきり分かり、持続時間はとても短い。覚醒剤が切れた様な感じ?なんでしょうかね?


実は私は、頓服薬で出される類いの薬を飲んでも、鈍感なのか、効いた感じは分かりません。

それでも、主治医が、緊急避難的に頓服薬を出した事はなかったですから、心臓切っていて、遠くの学校に通学中で、学校さんが私が好むタイプの運営でなかったので、頭が真っ白になっちゃったんでしょう。


10数年前になった精神疾患が、良くない状況が重なって、単発的に症状化する事は、とても良くあります。

誰でも、いつでもなる可能性があるのが、精神疾患。それが酷くなってしまい、自力では生活する事が困難な状態になってしまったのが、精神障害。

だから、精神障害には、障害者手帳が申請により、発行されるのです。


キチガイ、訳が判らない奇妙な行動をする、怒りっぽい、イライラすると、何をするか判らない、反社会的行動をする、人を傷付ける、殺人をする、のが、精神障害者じゃないです。

昨今は猟奇的な殺人事件が起こると、報道機関が、必ず精神科通院歴をほじくり返してきます。

だから、無意識の差別が広がる。精神科は、一部の狂った人が行くところ、と、人々が刷り込まれてしまいます。

精神障害の状態になってしまった人々は、全員が、そんな差別の為に、があって、努力虚しく、精神障害者になってしまったのです。


精神科に通院しているだけで、差別される社会は、日本からは、いつ無くなるでしょうね。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック