bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



お出掛けから帰って来ました
のんびりさんとは、仕事をしていた頃から、まあ10年近い付き合いです。親御さんとも同じです。


私は前の職場を離れましたから、何となくでも、利用者さんに判ってくれると助かりますが、果たして、そこらはどうでしょうか。


ガイドヘルプ、つまり、自立支援法の移動支援を利用するには、制度のお金が、9割分、事業所に入ります。1割が利用者さん負担です。

事業所により、実費を利用者さんがどう負担するか、も決まっています。

比較的普段のお休みの日の支援ですから、大体常識的な枠があります。

それがあってこそ、人間関係による、支援ではない何か、が可能なんだと思っています。


そして、人間関係による何か、は、普段、法律による制度では、なかなか難しいところを、ごく時たま実現するものだろう、と考えています。

人間関係による何か、は、情緒的なものですから、制度による支援を飛び越したら、ダメでしょう。


実は。


のんびりさんのご家族様が、ちと遠く迄電車に乗りに行きましたので、交通費を気にして下さいまして、かなりの金額を、交通費のうちの、特急券代金に、と、包んで下さいまして。


お気持ちは、大変有り難く頂戴しましたが、お札は頂く訳にいかんのです。

来月、コーヒーさんとも出掛けますが、こちらも同じです。

のんびりさんと、コーヒーさんくらいしかやりません。この二人は、多分、親御さんの葬式には、私も行くと思います。下手をすると、のんびりさん本人の葬式にも行くかもしれません。

そういう情緒的な関係は少しはあって良いと考えます。

そこにお互いの費用は、お互いで、がないと、これは続かない。だから、お札は頂く訳にいかんのです。

たまたま私は、自分が重度障害者ですから、電車の切符を予め買っておく等は、暫時自分の手帳があれば出来ます。席を隣にするのも簡単です。


これが一般の方が、となりますと、のんびりさんに、手帳を借りるか、私の分も立て替えて買っておいて頂く事になります。

障害者同士だから、年に一度くらいは良いでしょう、と言う事で、仕事で関わっている方々の領分を越えちゃいけません。           
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック