bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



重心が保てず、倒れ込む
家内は、心に様々な難しい思いを抱え込むと、身体症状が強くなります。

私は鬱病の経験がないので、実感は解らないですが、本人の実感も、大変辛い様子があります。

半覚醒の時もありますし、疲れているのに、眠れない時もある様子です。

そして、大抵、過換気発作を伴います。無理に立とうとして、顔を上げる事が出来ず、再び倒れ込む事もあります。

バタン!とは倒れなくなりましたが、バランスを崩して、踏みとどまれず、結局、倒れて、あちこち勢い良く打ってしまいます。

私も仕事に復帰したり、我が家の夫婦が厄介に悩まされたりしているので、色々あって、余裕がちょっと少ないですね。

きゃー、とか、わー、とか言ってくれれば気づくのですが、頼りにならないものを頼らざるを得ずに、静かに倒れている時もあります。

昨日は私が知る限りで、夕方から三回倒れました。


過換気も起こしますが、過換気では、別状ないので、居ない時は自分で何とかしてくれています。

精神症状ですから、どうしようもないのです。

夜分は気の毒な事がありまして。書留が再配達で、家内宛に来た様子。私の部屋からは、ずるずるとへたりこむ様に倒れるけれど、音が届きにくく、その場で救護するのが難しいみたいです。

書留を待っていて、郵便屋さんが来た時に、倒れる前に焦って、玄関に無理しててたら、外廊下に出ようとして、配達の方がドアの前にいる時に、倒れてしまって、郵便屋さんは、こまりました。

症状は、精神的な物ですから、大事ありませんが、書留を届けに玄関まで来た郵便屋さんが、ドアが開いたとたんに、中から人間(要するに、中年のおばさん)が、すっ飛んできたら、これは驚きます。


郵便屋さんの、『お宅には、どなたか他のご家族はおられませんか?』とおろおろした声で、やっと気づきました。
私の部屋は、どういう訳か、音が判りにくくて、静かに倒れていると、判らないんです。
玄関チャイムもなっているのが判れば、勿論、家内が具合の悪い時には出ますけど、聞こえません。

慌てて玄関(そんな豪邸じゃないですよ。2SDKと言う、妙な間取りですから。マンションです。)にすっ飛んで行ったら、呆然としている郵便屋さんと、その前に見事に倒れて動けなくなっている家内。
倒れている方は痛いですし、郵便屋さんは、何が起こったんだかわかりません。

私がいなかったら、郵便屋さん、救急車呼んじゃったと思います。


過換気発作のたぐいには、救急車は要りません。
でも、症状と言うか、様子が派手なので、一般の方は、驚いてしまわれます。


どっちも気の毒ですよね。

仕方ないので、『ああ、すみません。昔でいえば、持病の癪が みたいなもので、心配ありません。』と私が書留を受け取って、郵便屋さんにはお帰り頂きました。







スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック