bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



私立探偵 左文字進
今夜の二時間ドラマが、探偵左文字進 のシリーズでした。16と見て、ちょっとビックリ!

確かに、西村京太郎さん原作ですが、16話もあったかな?

正確な、小説としてのシリーズ名は、私立探偵左文字進 です。私が覚えているのは、凶悪な街 と言う長編ですが、そんなに長いのはなくて、十津川警部シリーズがまだそんなには流行する前から、数冊出ただけ、の記憶です。

テレビの二時間ドラマの、左文字進シリーズは、かなり昔、相棒がシリーズになる以前に、水谷豊さん主演で、何度か放送されています。

探偵物語、で、若き日の水谷豊さんは、松田優作さんの相手役を、コミカルに演じられたそうですね。

初期の、左文字進は、女性にちょっかいでも出しそうな、ややコミカルな作りになっていました。

小説の、左文字進は、アメリカ暮らしが長くて、アメリカの探偵免許を持っています。アメリカでは、捜査、逮捕が出来ますし、鉄砲も合法的に、堂々と持てるし、一定以上の技術があります。

ドラマでは割愛されていますが、既婚者です。奥様が、十津川警部の奥様並みに、時々鋭いヒントを思い付き、夫婦で、事務所をやっています。

だから、頭も良いのですが、アクションシーンも良く出て来ます。舞台は日本ですから、鉄砲は出て来ないけど。

原作の左文字進は、少し、杉下右京と似た感じがします。頭脳明晰と言う感じです。でも、時々、見込み違いで、厄介な事になったりもしますね。

本日の左文字進は、設定は過去の二時間ドラマと、かなり似ていましたが、やや杉下右京的な様子の演出でした。

西村氏は、原作がテレビ用に改ざん?されるのは、気にしない作家さんかもしれません。

私は小説の左文字進が好きでしたが、最近は老眼がかなり出て来て、遠近のメガネですが、ちと読みにくいので、余り本は読んでいないんです。

ダークヒーローでないところが、当時は斬新だったかな?

宜しければ、どうぞ。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック