bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



さて。仕事復帰です。
長い間、知的障害者の方の、地域での当たり前の生活を支える、と言う仕事をしていましたから。

日中生活介護や、就労継続には、出す方の立場でした。昼間は仕事はなかったのです。

生活の場所の支援者が、昼間を利用者さんが過ごす場所に、なかなか伝えたい事が伝わらなかったり、重度の方ばかりやっていたので、ものや持たせた小銭が、誰も把握していなくて、なくなったり、と、それはそれは苦労しました。


どこどこに出掛けた時、帽子を被って行きましたが、言われてみると、帰り道は無帽だった気がします、程度判れば良いんです。

怪我も良くありまして、そう言えば、階段で踏み外しました、程度判れば良いのですが、昼間を過ごす場所でも、何もなかった、ホームでも、絶対なかった、等と、お互いが頑固に言い張って、親御さんが不信感を持つ事もありました。





そうそう。私の下の立場だった、息子くらいの生意気なのが居ましたけれど、退職するそうな。

親御さんには、実に不評な人でした。生活の場所での支援を獲得出来ない人が、ホームのトップになりましたので。

元々軽度の方の、無認可作業所で3年程、アルバイトしていた人だったのです。
私が身体を壊して、常勤が出来なくなり、繰り上がりで、ホームのトップになられたので、ホームには7年いたそうですが、何があったやら、ご退職。



次にトップになる方は、良くは存じませんが、介護屋から学んだ人ではないので、どうなるのか、見当が付かないなあ。


今度は昼間、利用者さんが過ごす場所のパートです。

通所の支援は初めてで、最近は身体がもたないので、立ちっぱなしの仕事が出来るやら、支援者として、なんとかなるやら、非常に不安です。


駆け出しの頃、良い上司に恵まれて、そこを出て、ホームの仕事に移り、まあまあ出来る様になったのですが、通所は出来るだろうか?



生意気職員さんの、意味のないやり方の1つを、どうにも納得出来なかったので、最後に。


コーヒーが大好きで、と言う利用者さんがいました。親御さんは、コーヒー中毒みたいにならないか、心配していました。

生意気職員は、親御さんの意向は、余り意味がない、とは思った様子ですが、規則を作り、飲んで良い時を設定したようです。

夕方、ヘルパーさんと、ちょっとしたお出掛けを時々、ヘルパーさんと二人で行かれるのですが、わざわざコーヒー店に入る様に、お願いしていた、と、風の頼り。

コーヒー店に入っても、飲めない事を徹底して、コーヒー店に入っても、コーヒーは飲めない事を思い知って貰って、拘りを諦めさせる為、らしいです。

その方は、親御さんと意思の疎通が出来なくて、利用者さんは、退所してしまいました。


昼間を過ごす場所で、生意気職員さんと同じ事にならぬ様に、色々先輩に教えて貰う様にしたいと思います。


その生意気職員さん、ホームで何を、利用者さんから学んだのかなあ?
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック