bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



我が家の台所
K3340029.JPG見ても仕方無いでしょう、とは思います。すみません。

家内は先週から、著しく様子が悪く、本日は、おさんどんに、私は奔走?しています。

掃除もついでに、するんだけどね。

昨日は出掛ける用事があって、夕飯時に寝てしまいましたが、まあ、本日、昼過ぎには起きました。

家内がどのくらい様子が悪いか、と言うとね。先週の火曜日に、形だけ風呂に入りました。形だけ洗った程度に。


水曜日は、私が精神病院に送迎して、病院の中で、倒れたりしていましたから。それからは1日に、何度倒れるか、判らない状態で、本人、怖くて、外に一歩も出られません。

私には実感出来ませんが、身体全体にめまいがするような感じで、床に立っている感じがせず、不安定な軟らかいゼリーの様なものの上に立つ様な感じだそうです。

それが横になっていても、同様とか。

原因は判りません。予想は付きますけど。

で、水曜日から風呂に入れません。火曜日に形だけ入っただけですから、身体は汚れているでしょうし、髪が長いのですが、明らかに洗っていなくて、ぎとぎとしているのが、判ります。身体をかいている時もありますし、本人、さすがに肌着も替える事が出来ないので(片足でバランスするか、ベッドに座って、腰を浮かすかしないと、換えられないでしょ?)気持ちが悪くて、風呂に入りたいのですが。

だるくて、面倒で、ふらふらするし、突然本人に自覚なく倒れますし、とても風呂には入れないで、早朝から肌着を持って、手洗いに行っては、風呂場にはいかず、倒れ込む様に、ベッドに入りますね。


と言う事は、家事は、何もかも私がやらねば、使った茶碗1つ、永久にそのままですから。


普段、家事は全て私がやる事になりますので、それは別にいつもの事なのですが。


風呂と一緒に厄介なのが、食べる事でして。

冷蔵庫、鍋等に、ラップをかけてある、やら、容器に入れてある、やら、電子レンジで温めて、ラップをはずして、箸を持てば食える、やらの用意した、調理済みのおかず等。

冷蔵庫の扉を開けて、出して、電子レンジに入れて、温めて、出して、ラップを外して、お膳に運んで、座って、箸を持って、食う、と言う事が、億劫で出来ないんですよ。


何故か、鍋を出して、何も具を入れない、インスタントラーメンは作ります。
カット野菜をラーメン一回分に、小分けにしておいても、ラップを外すだけ、ですが、それは億劫で出来ない。

インスタントラーメンを高い棚から取るのは、何故か取る。


これが、精神障害なんです。だから、生活支援者が不可欠なんです。

お国の役人には判りません。


ってな訳で、夕飯時に、何とか起こして、お膳の前に座らせて、目の前に、箸を持てば、食べ頃で食べられる状態にすれば、まともな食事を致します。

なので、只今、奔走中!



掃除や作業の妨げになる様な品物を作業の為に、ひょいとどかすと、元に戻して、自分が使う事もダメですね。

見える、すぐそばにあり、作業は終わっているのは判っていても、戻すのが億劫で出来ません。

新しく、同じ用途に使う品物等を、自分の部屋等を探して、新たに準備して、使います。元々あった物は、私がひょいと置いた所に永久に置かれたまま、になります。

それなりに、まあまあ、と言う日は1ヶ月に1日はないので。季節に1日くらいなら、あるかな?


本人はずっと葛藤してるんです。亭主にやらせれば良い、と考えている訳ではないんですよ。

二人でやれば良い、程度以上に、本人は、家事は妻がするもの、と確信しています。


これを理詰めで追い込まない事は、第一番の事柄で、常識以前の話ですが。


そうは思えないのが人情でしょう。私も今は、とっとと風呂に入れ!と、実は思っています。


ヘルパーさんが居なかったら、当事者は、どう生活していくのでしょう?手足、内臓の病はなく、全く健康だから、在宅。ヘルパーは合致しない。具合が悪くなったら、ヘルパーを頼むのではなくて、入院しなさい、と断言なさる、自治体の障害者福祉課の、ベテラン職員さんに、お互い仕事上、付き合いのある方もありますよ。


ふき、筍なんぞで、春みたいな物をつくっています。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック