bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



内職しています
仕事の内職じゃなくて、ちまちました事をやっているのです。

年末頃、家内が衣服の整理をしたい、とて、日常品ですから、ヘルパーさんと一緒に整理をしていました。1ヶ月程で、着るもの、着ないもの、処分するもの、等に分けた様です。

なんで、女性って、あんなに衣服を持っているんですかね?

私が見た事の無い衣服が、沢山ありました。中には、頼まれて私が買ってきた衣服で、着ているのを見た事がないもの、もありました。

傷みがあるものは、資源回収に出していましたが、状態の良いものは、お世話になっている、地域生活支援センターさんと関わりの深い団体が主催する、自治体のバザーに出してみたい、との事。

ヘルパーさんと相談しながら、似たものを同じ袋に入れて、分けてあります。

家内は、ものには、思い入れが強い方だそうです。手放すのが、なかなか難しいのだとか。しかし、余り着なかった、傷みの無いものも、物持ちが良いので、年齢的に合わなくなったり、好みが変わったり、サイズが変わったり、で、着たくても着られなくなったもの、が、かなりの量ありました。

バザーを主催する団体さんは、開催が近くなると、取りに来てくれます。蚤の市みたいな感じを思って頂くのが早いのですが、衣料品は、かなり良く売れて、売上金は、様々な自治体の団体さん等に、寄付される仕組みです。

洗濯をして眠っていた衣類ですから、袋に分けて置けば充分なのですが、色々な思い入れがあるものを手放すのは、結構大変な事なのだろう、と思うのです。

きれいに見えますが、もう一度洗濯をして、1つ1つ、畳んで、一枚ずつビニール袋に仕分けて、サイズやら、半袖、長袖の別などを示したカードを入れて、袋詰めをやっています。

バザーの楽しみは、幾らかき回しても良いとこら、がありますよね。包装しちゃうと、その楽しみがなくなるかな?と、思い入れが強い家内の衣服なので、きれいに包装して出してやりたいと、袋詰め寄せをせっせとしています。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック