bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



やってみたい事
そんな大それた事ではなくて、既にあちこちで、様々な方が実践されていると思います。


日本には、法的な効力のある、弱者を示すシンボルマークは、存在しませんね。

弱者に対する制度、運用等は、勿論ありますよ。私も家内も、法に根拠する権利を得ています。

本当は、権利は要らないので、健康が欲しいですが、こればかりは仕方ありません。私は先天性ですし、家内もなりたくて、精神障害になった訳じゃないです。特に家内は治したいと、長年治療と努力を続けましたし、家内を支えて下さった医師の方々も、全力で治療をして下さいました。

それでも家内の病は治癒しなかったのです。


弱者とは、健康を害している人だけではなくて、様々な要因で、配慮や支援や、様々な事柄が必要な方々があるんじゃないか、と、私は感じています。

社会の中では、その事が見えにくい。

知人に、脳性麻痺の方があります。私より少しお若いかな?彼が、とある民間作成の、シンボルマークの普及に協力しています。

透明なリボン運動、と言うそうで、文字通り、一目見て、全然判らない不具合や、困難のある当事者の方の為の、小さな運動です。

当事者用に、赤いリボンのマークがついたものと、ないものがあるそうです。完全に、民間の草の根活動であります。



こういうものは、色々あるのでは?と思っています。

知人は脳性麻痺で、見て判る障害ですから、啓蒙用の赤いリボンがない方をつけているそうです。


障害者のシンボルマークを身に付けて、街へ出よう!と言うのが、広まったら素敵だな、と思うんです。


ただし、手弁当になりますし、政治家が絡むと厄介なので、実現化は大変難しいでしょう。

見慣れれば、健常者の方々も存在する事に意欲出来ますし。




壮大過ぎて、具体案がないんですけれど。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック