bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



レジ袋
スーパーマーケット等で、レジ袋がありますね?辞退すると、2〜3円値引きします。袋持参でないと、正札で、値引きはありません。

私ね。ずっと思っていたんです。2〜3円引いてくれても、日本人の感性では、嬉しくも、得をした気分にもなりません。

レジで販売しないかな、と。

レジ袋が袋詰めスペースに置いてあり、貯金箱みたいなのに、5円支払って買う、スーパーマーケットもあります。

5円玉って、いつも財布に入っていますか?私は小銭嫌いで、端数は何とか、工面しようと思う方です。当然、一桁の小銭は財布にありません。
レジに申し出れば、両替してくれますが、混雑している時は、困ります。

このタイプの販売で、私が一番困るのは、レシートが出ない事。家計簿が趣味です。自分の財布と口座だけです。家内の財布は家内の自由。

とですね。どうせずれた小銭は、残高調整しちゃいますが、間違いなく、覚えておかねばならない5円、が生じる訳です。

これが私には面倒。

一般の方はどうなのかな、と思っていましたら、さっきSEIYUに買い物に行きまして、レジ袋をレジで販売しているのを見ました。


買い物するつもりではなかったので、袋は持参していませんでした。1つ2つなら、手で持ちますが、数がちと多いので、剣呑ですから、袋買います!と申し出て、2円で買いました。

SEIYUも、袋持参で2円引き、でした。店内には、丈夫そうだけれど、1000円くらいの買い物袋と、300円だけれど、いかにも薄く、雑な印象の買い物袋が、あちこちに売られていました。


以前住んでいた賃貸のそばです。昨日も歯医者さんで行きましたね。

普通にレジに並んで、普通に袋を買ったのですが、明らかに袋を買う人が激減していました。正確には、以前は2円値引きして貰わずに、レジ袋を無料で貰っていた方が、値引きはなくなり、レジ袋にお金を払う様になったら、2円で買わなくなったのでしょう。

小さなハンドバッグに買ったものを入れている方もありました。

良い、悪いの話では、ありません。


スーパーマーケットは、レジ袋の経費を減らしたい、環境に配慮している事をアピールしたい、ですね。

その両方をいとも簡単に実現するのは、私はレジでの販売しかないだろう、と思っていました。

どうも当たりの様ですね。


2円、5円、が、どうのこうの、ではなくて、目的を達成するには、方法を工夫しないとダメだよね、と言う話ですね。


それは商売の世界でも言えるのでしょうが、介護屋の世界でも言えます。

利用者さんに、良い支援を実現しようと思ったら、いわゆる健常者の方に接する様にしたのでは、全く効果がない時があります。

時に私もしでかしているかもしれませんが。

事を分けて、段階を踏んで、一々説明する。

これは正しいのですが、知的に障害のある方には、何の事か通じず、ただ、はいはい、等と返事をしてしまう事があるんです。

細かく説明して、利用者さんが理解した、と思った、支援者が、叱ってしまう事もあるでしょう。

叱られた利用者さんは、意味が判らないので、どう表現して良いかが出来ません。で、支援者の人が、判って貰おうと、延々と、紙に書いたり、図式化したり、細かく説明をし直したりしがちです。

それで通じる利用者さんには、それが一番適切です。でも、どんなに手を尽くしても、通じない利用者さんもあります。知的に障害されている方には、どうしても、獲得出来ない事があるのです。

だから、私たちの様な介護屋がいるんです。

その利用者さんの未来に繋がる事、健康を守る事、等は、利用者さんが心から納得されているのでなくても、自然に行動して下さる様にする事が、望ましいんじゃないか、と考えています。


スーパーマーケットのレジ袋についても、SEIYUがしている事は、至極もっともな事だなあ、と、感心したんです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック