bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



あっさりと、被後見人に対する公民権剥奪撤回
被後見人に選挙権付与 今国会中にも


剥奪以来、様々な団体が『おかしいだろう!』と嘆願や、署名活動、政治家へのアッピール等、あらゆる事をしてきました。

全然言う事を聞きませんでしたね。国は。

で、裁判所で敗訴すると、ころっと変わって、大臣、総理大臣クラスが、『すぐに是正しなければならない』だそうで。

国はね。
敗訴した時、控訴するって、息巻いていたんです。
また、裁判になったのは、『絶対に認めない』と言ったからで、認めていれば、裁判にはならなかったのです。

この時の、『被告』(民事って、被告人ですね。でも、抽象的な団体相手だとどうなんでしょう?)は、『全面的に徹底的に争った』訳でしょう?

『国』と言う団体は、誰の事?

安倍さん?

違うよね。
頭の固い、管轄の役所の役人だよね。


成年後見人制度には、被成年後見人と後見人 の関係しかない訳じゃありません。

保佐人と被保佐人
補助人と被補助人

の関係もあります。

今回、成年後見人だけが問題になったのは、成年後見人は、被成年後見人の同意(署名捺印など)の必要なく、本人さんの財産管理等が出来るため なのですね。

保佐人、補助人は、本人さんの同意を得ないと動けません。
だから、被保佐人、被補助人の方の公民権は、剥奪されていません。


どこも書かないけど、禁治産者、準禁治産者の名前が変わっただけ って、思ってる役人が、至極当たり前に準用したんだと思うんだけど。

作ったやつ、承認したやつ(安倍さんじゃないですね。野田さん?その前の方、どなた?)出てきなさい。

禁治産者、準禁治産者の制度は、明治にできたものです。
以下のウィキから、今の成年後見人制度との、決定的な違いが判ります。

成年後見人制度と禁治産制度
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック