bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



昔話
今は全国共通語が普及して、かなり同じ様な話し言葉になっていますね。

普段話す言葉は、誰でも方言だ、と言う話をテレビかなにかで見て、妙に納得した事があります。

勿論、共通語だと思って話をしていても、地方によって、微妙に違うものでしょう。

関西弁、博多言葉、東北弁等と分類しても、やっぱりそれだけでは説明がつかないですよね。


地方毎の中心地の言葉を、仕事等では、みんな話すのだろうと思います。

私が育った土地は、まあまあの地方都市の隅っこです。まるで中心部と、言葉が違います。今は、少し離れた土地で、永住のつもりですが、このあたりは、それほどお国訛りが強くない様に感じます。ちょっとだけ、中心部に近いんです。


家内は全然違う地方の出身で、大学を出て、ここらの中心部あたりで、仕事をしていたらしく、お国訛りは勿論あるのですが、実のお姉さんと、稀に電話をしている時くらいで、中心部の言葉を使います。使えると言う方が近いかな?

私は育った土地の言葉が好きですが、既に話せる人も高齢化していて、聞き取れる程度になってしまいました。子供の頃、親戚や近所の、おじさん、おはさんは、明治生まれの方でしたから、私も話せたのですね。
中心部の言葉は、全国的に知られていると思います。隅っこの言葉は、全く違うので、知られていないでしょう。

主に共通語を母体にして話をする家内には、時々通じません。人様にも、小さい表現が通じない事が、たまにはあります。

単語も違うものがありますし、形容詞がやや独特かなあ。こういう表現の時は、普通、当地では、この言葉を使う、みたいなのも、勘違いを呼ぶ事が今でもありますね。


全体的には、日本中どこにでもありそうな方言です。

昔はどこでもそうだったと思う事があります。私の氏は、珍しい、と迄はいきませんが、三文判やシャチハタは、取り寄せか、新たに掘って貰うか、で、家内の氏は、普通はどなたでも読めるでしょう。

私の氏は、当地の氏ではなさそうなのですが、シャチハタは取り寄せ、三文判は、注文です。

(続き後で書きますね)
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック