bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



公共交通機関、優先席で、携帯電話の電源を切る必要は?

東京メトロ地下鉄で、携帯電話がつながったとの記事]




地下鉄の車内?構内?って、携帯電話使えないのですね???
私は携帯電話を持った事が無いので、(毎度ですが、PHSしか使わないんです。)知りませんし、当所あたりは、地下鉄などと言う洒落たものは走っていません。

都会に行くと、勿論、普通に地下鉄もありますが、普段の生活で日常的に地下鉄に乗る事はないです。

以下は、上記リンクの記事からの引用です。

『ただし、音声通話に対する風当たりは強い。PDC方式の第2世代携帯電話の頃に、心臓ペースメーカーなどの埋め込み型医療機器に電波が影響を与える可能性から、混雑した車内や優先席付近での利用を避けるよう求められていたのが影響したこともあるだろう。現在、一般的に利用されている3G携帯電話では、総務省の実験で心臓ペースメーカーなどの埋め込み型医療機器などに影響がないことが確認されているが、現在でも優先席付近で電源を切る、音声通話をしないといったアナウンスを鉄道各社が行っている。』((小山安博氏) [マイナビニュース] より引用)

そうなんです。
今の携帯電話は、ペースメーカーの誤作動を誘導しません。

心臓の人工弁置換者と、ペースメーカー埋め込みの患者さんと、どちらが多いのか知りませんが、電車の各車両に1人ずついるほど、多くないと思います。



いえね。
ペースメーカー利用者の方に、配慮が不要である と言いたいのではないんです。
いかに影響がないと実証されているとはいえ、ご本人が不安を感じておいでなら、ご本人の不安を感じる範囲内では、携帯電話の使用は避けるべきと考えています。


ご本人とのかかわりじゃないんです。
善意の?周囲の、マナーに煩い(マナーの良い ではなくて、自分だけはなマナーを守っていると思って居て、他人にゴリ押しする人です。)人たちに、一言いつも言いたくなります。

心臓の障害者だけでなく、見た目に判らぬ重度の障害者もいますし、ちょっと行動や、出現する発作などが、目立つために(例えば、過換気発作が典型的でしょうか)、勘違いされたりしている人たちはたくさんいます。

これは仕方ないです。
だって、見えないもの。
一般の人は、障害や難病を知らないもの。
私だって、心臓の機能障害は判りますが、他の障害の方の辛さ、大変さは知りません。

電車各社が、携帯電話の電源を、優先席付近では切れ、と言うアナウンスを聞くたびに、どうも感心しないのです。
優先席についての放送では、『お年寄りやお体のご不自由な方、妊娠中の方、小さいお子様をお連れのお客様がおいでの場合には、咳を譲ってください。車内のマナーの向上にご協力ください』と当地方では、同じ文言でいやと言うほど聞かされます。

じゃあ、皆様、優先席は、本来利用してもらうべき人の為に空けているか と言うと、そういう事もないです。
携帯電話を使う人、いっぱいいます。
そこに、マナー上級者の方が、入り込んで、『ここは優先席である。携帯電話の電源を切りなさい。マナーモードではいけない。携帯電話を使うなら、一般の座席に行きなさい。一般の座席なら、通話しない限り、電源を入れているのは、問題ない。メールも構わない。』等と始めるのが嫌なのです。

蛇足ですが、数日前、電車に乗りまして、このところ、かなり疲弊しているため、車内で立っているのがずいぶん苦痛で、優先席付近で座席が空くのを待ってみようと、近くまで行きましたら。
優先席の1席空いています。
空いていますが、その前に物をおいて(荷物ですね。)横に持ち主さん一行(2~3人でした)さんが、丸く優先席を囲むようにして立っていて、誰も座れない と言う光景に出くわしまして。

だったら、どなたか座ったら良いような気がします。
別に健常者の方でも。
『障害者(見た目でわかる、身体の機能の障害のある方の事を指していると思います。)か、杖を突いたお年寄りが来たら、立てばよろしい』と思って居る方はごく普通においでになるでしょう。

今の日本の世上では、それは特段に責められるべき事柄ではないと思います。
座っておいででも、別の場所を探すか、何かによりかかるなどするか、一度降りて、すいている電車が来るまで待つかしますから。

空いているけれど、柵?があって、座れない優先席って、なんだか、ちょっとおかしくなっちゃいました。申し訳なかったのですけれど、ちょっと経っているの、無理だったので、『誠に恐れ入りますが、お借りしても良いでしょうか』とか、声を掛けて、着席させてもらいました。
必ず、ハート・プラスマークは、立っている方、左右の座席に座っている方に見える様に、膝の上のカバンに着けていますけれど、向きを整える様にしています。

ハート・プラスマークって、心臓をイメージした図案のマークです。
でも、使えるのは、内部障害者の方(指定疾病があるのですけれそ)なら、どなたでも使えます。
民間の『障害者本人に対しては著作権を放棄する』と言うタイプのマークですから、法的な拘束力は一切ありません。
だから、心臓ペースメーカーの方が、つけているとは限りません。
人工透析をしている方もつけられますし、HIVキャリアの方も付けられます。C型肝炎の方も付けられたと思います。


でも、図柄がいかにも心臓をイメージしているので、心臓と言えば、ペースメーカー と感じる方は沢山おいでだと思うのです。が、左右の座席の方が、携帯電話の電源を切っているご様子は私は見たことがありません。


車内マナーの向上と言う意味なら、携帯電話で、大声で話をする、自分から、車内で誰かに電話を掛ける と言うのは、周囲の方に煩いですから、迷惑でしょう。それはマナーなんですよ。

携帯電話の電波が、今でも心臓ペースメーカーに影響を与える、誤作動を誘発する可能性がある としたら、それはマナーじゃありません。
規則でしょうか。
ペースメーカー誤作動したら、生命にかかわってくることもあるからです。




どうも釈然としないんですよ。
あの、車内放送と、マナーに正しい行動をしている、口うるさい一部の人たち。


まあ、人工弁置換者だ と申し上げても、慌てて携帯電話の電源を切って下さる方もあります。
それは、車内放送の的を得ない放送のせいだ と私は考えています。


変な事を思い出しました。

電車って、しょっちゅう止まります。私の使う路線だけかもしれませんけれど、JRに限って言えば、もう、一日のうちに何回止まるか判らないです。
5分の事もあれば、2時間の事もありますけど。
私の最寄駅は、JRの小さな郊外ターミナル駅から、私鉄に一駅乗り換えたところです。
私鉄の行く先表示に良く、JRのどこが、何故、止まっているか が書かれています。(電光板ですよ)
先日、土日だったと思いますが、(一昨日まで学校に行っていましたから、昼間電車に乗ったのは、土日しかないので)ちょうどお昼すぎくらいの時間に。
『JR○○線は、何々駅でのお客様同士のトラブルの影響で、運転を見合わせていましたが、云々。』と出ていました。

昼間の土日の電車内で、要するに喧嘩した人が少なくとも2人いたのでしょう。(1人では喧嘩は出来ませんので。)携帯電話の電源を切るのはマナーの話ではないけれど、喧嘩!?ですか?これは、マナー以前のお話の様な気がしますね。


優先席にしか、座席を必要とする人がいない訳じゃないって、何故、浸透しないのかなぁ…





スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック