bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



やっぱりダメかな、と思った事
職安からの委託で、民間の会社が、求職者支援訓練、と言う種類の講座を受託します。

私が行っていたものです。職業訓練学校とは違うのです。元になる法律は、求職者支援法です。



民間の会社としては、赤字でも受託する事が良くあるそうです。そうです、って、情報元は家内ですから、怪しいですけれど。


まだ精神疾患ではあるが、精神障害者には悪化していなかった頃、一時、数年間、民間の会社が受託した、コンピューター関連の求職者支援訓練講座の、外部請け負いをしていたそうでしてね。

田中学園が受注したら、現場の人、つまり、田中学園の教室で働いている、事務員さん、講師さん、職業相談係員さん、等は、田中学園の社員さんである事は、家内が知る限りでは、稀だとか。


家内は、システム構築とか、ネットワークとか、そういうものを作る技術者の方を養成する講座の講師をしていたらしいです。

田中学園が受注して、鈴木派遣会社に、ピンポイントで、依頼がくるのだとか。

連続して、講座の最後迄面倒をみるのが前提ですが、割りの良い仕事が出ると、講座途中で、やめてしまう講師係員もいるのだそうです。

逆に、家内が講座1つ請け負いで貰っても、もっと安く受ける講師が出来る人が、田中学園に売り込むと、途中で切られる事も、時にはあった様子です。



現場にいる係員の方が、本来どこの所属で、どんな雇用形態か、は、受講生からは、全く判らない仕組みになっています。


私が通学した教室があった建物と言うか、部屋には、4つの看板文字が並んでいました。


医療事務の学校でした。経営が。


田中医療事務協会

田中医療スタッフ

鈴木介護カレッジ

鈴木学園


名前は創作ですが、一番目立つのが、田中医療事務協会、ですね。鈴木なんとか、は、一応、介護系統の資格学校ですが、田中医療事務協会系統に、買収されて、吸収合併されました。

10年以上前に、私は鈴木なんとかで、ヘルパー講座を受講しています。証明書が必要な事があり、鈴木なんとかに連絡して、書類を取り寄せたら、証明したのは、鈴木なんとかではなくて、田中なんとか、に化けています。


証明書取り寄せる連絡先は、住所も電話も、鈴木なんとか、なんですよ。



つまり。


利権絡みで、その場しのぎ的な訓練受託団体もある、と言う事です。家内の様な立場の人が、その講座を受託した民間の会社の、正社員かの様に、振る舞わねばならぬ事もあるのでしょう。


これの何が困るか。


現場に、責任能力と、権限を持って、様々な事柄を判断出来る人が居ない、と言う事なんですね。


運営母体の団体が大きい程、この傾向が高い気がする。



それで、現場の係員の方々は、マニュアル通りの事には対応出来る様子ですが、少し込み入ると、話がおかしくなる事がありました。


職安の訓練担当の方と、本日面談でしたので、辻褄が合わない事が、数多くあった話をしましたら。


同じ教室の中に、三種類の立場の受講生がいて、法的な扱いが、全く違うのだそうです。


寄せ集めの係員の方では、判らないですよね。家内も授業以外の事は、何も知らなかったそうです。


様々な辻褄の合わない事が起きては、十分な説明や納得が得られなかったのは、判断能力と、権限のある人が居なかったから。

一々本部に問い合わせの労を取ってくれましたが、本部は現場を知りませんから、型通りの返事がくるだけになってしまったのでしょう。


書いたか失念しましたが、やる気のない例の若いお嬢さん。
介護事務には、全く興味がない、と言う事で、実質的な授業は、7日かな?の間に、5日間、体調不良で、丸々1週間来ませんでした。

この日だけは居ないといけない、みたいな位置付けの日と、初日だけ来たかしら?


私は身体を壊してしまう訳にいかないので、届け出は、当日いきなり体調不良になった、で良いから、出来るだけ、勉学への影響が少ない日を教えて貰って、倒れる前に、対処したい、と相談したんです。


上を下への大騒ぎになりまして、大変でした。


やりたくないから、サボりたかった、若いお嬢さんは、ある朝、ほんとうにいきなり休んだんですね。斜め前の席の方だったので、耳に入ってきてしまったのですが、一回電話して、体調が戻ったら、授業に出ます、と言っておいたそうで。

分野毎に、八割出席しないと退学らしく、どこから情報を得るのか知りませんが、その分野の初日と、決められた日だけ出れば、修了証に全く影響しないだとか。


責任能力と、権限のある係員がいれば、ズルいのが勝ち、みたいな事は起こらないですが、現実には、なかなかうまくいかない様子です。



長くなりましたから、簡単にしますけど、運営母体は、赤字でもメリットがあるから、訓練を取ります。
旨みがあるんです。

まあ、それはそうですよね。慈善事業じゃありません。


ですが、法律に縛られた部分が大きい訳で、アウトぎりぎり!みたいな事で、すり抜けるでしょ?


現場の係員の人達はーぎりぎりセーフ、で、運営母体の意向に添った事をしているつもりだった様子でしたけれど、お役所相手だと、ぎりぎりだけど、間違いなくアウト!、が幾つもあったんです。


それを筋道立てて、書類等が残っているものは、実物つけて、持参してきたのです。


現場の係員の人達には申し訳ないですが、余りに露骨に、カネ!カネ!カネ!みたいな様子丸見えですとね。

見えない様にやって貰いたいものです。



職安から、受講修了者に対して、アンケートがありました。満足=5、不満=1との事でしたから、勿論、1です。


裏迄びっしり色々書いて、職安の訓練担当さんと、お話してきました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック