bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



発作
発作と言うのは、病やショック(出血性発作等が判りやすいですね)で、異常な状態になる事、じゃないかと思います。

生命に別状ないもの、すぐにはないが、繰り返すと危ないもの、すぐに生命に別状あるもの、色々あると思います。


ストレス等で起こる、過換気発作は派手なので、救急車を呼んで下さる善意の方が時においでになります。
家内も不調続くと、最近は外では起こしませんが、自宅や病院で起こす事があります。

一時的な精神喪失も、稀に起こします。


バタン!と倒れますので、てんかんの重積発作と見た目が似ている為、びっくりなさる方もあります。


これらは、生命には別状ないんです。頭を打ったりすれば、それは困りますけれど。

一度、家内は、前の住まいで、倒れて、頭を切った事があり、やむ無く外科で縫って頂きましたが、怪我の範疇で済みました。


私が起こすとしたら、一番危ないのは、心不全です。心臓の働きが悪くなる事、かな?いきなり倒れたりはしません。少しずつ悪くなります。体調もどんどん悪くなるので、まあ、血液検査で判ります。


人工弁に置換する前は、心筋梗塞そのものの、心電図になった事がありました。幾らなんでも、ずっと心臓病者なので、掛かり付けの内科で、心電図を撮って頂いたのでした。

明らかに、心筋梗塞で、血液検査で判りますから、緊急で検査を出して下さいました。

血液検査で本当に心筋梗塞かどうか、確定するのです。マイナスだったのですが、それが、人工弁置換する事になる兆候でした。

狭心症は又別なんです。狭心症のある方は、日常的に狭心症発作が起きますので、昔で言えば、ニトロかな?今はミオコールスプレーと言う噴霧式の薬がありまして、患者さんは常に携帯されています。

一定以上の回数、頻繁に起こる様になられたら、手術等が必要ですし、スプレーを携帯されていないと、大変な事になります。

いきなりの心筋梗塞と言う場合は、心肺停止してしまうので、すぐAEDが必要で生命に関わります。


スプレーを沢山使っても、狭心症がコントロール出来ない状態になられたら、手術をされる方もあります。
一度の狭心症で、生命に関わる方は、私が知る限りでは、ごく僅かでしょう。


知らない人程、とにかく心配しますが、必要な事は判ってくれません。

これが一番厄介です。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック