bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



長い夜
長い夜、と言う歌が昔、ありました。松山千春さんだったかな?

そうではなくて、妻がかなり辛そうで、長い夜だろうな、と言う事です。

木の芽時とは良く言ったものです。現在は言ってはいけない言葉かもしれませんが、黄色い蝶々が飛んでいる、なんて表現もありました。

最近の言葉なら、ここは誰?私はどこ?みたいな感じですね。これそのものが、古いかも。

退院して3年半、一度も再入院せずに頑張っている妻ですが、気候不順やら、なんやら、人間は考える芦でありますから、様々思いはぐるぐる巡ります。

そこへ私が失敗して、昼間、車で、昼食を食べに連れ出してしまいました。出掛ける前に、パソコンがおかしくなり、自分でなんとかしようとしたのが、更に悪く、出掛けるのが遅くなりまして、支度をした妻は、眠るに眠れず、かなり待たされました。


さすがに風呂に入れるのは止めて、雑用は全部無しにして、最低限私が片付けたのですが、妻の部屋から、鋭い音がして、飛んでいくと。


倒れた音とは少し違う。
倒れていないか聞くと、枕を投げたそうです。

凄く珍しいのです。余程辛いのでしょう。気の毒ですが、どうしてやる事も出来ません。

こんな時は効きませんが、こちらからけしかけて、頓服薬を少しまとめて飲ませました。効かないですよ。でも、苛々してしまう訳で、多少は仕方無いです。


少しベッドサイドで無駄話をして。

物は投げても構わないし、どうにもならなかったら、電話をしてきて良いし、何をしていても構わない事を伝えて、我慢出来たら、後でふらふらになってしまうので、これ以上薬はなるべく飲まない方が良い事と、とにかく転ばない様に、と言う事を伝えて来ました。
私が明日が学校が一番大変な日で、休む訳にいきません。修了式は火曜日です。
私も精神疾患の既往がありますので、引きずられる訳にいきません。気の毒ですが、可能な限り眠らないと、月曜日が乗りきれない。
妻も判っているので、なんとか耐えてくれています。火曜日は通院しますし、月曜日の午後には、ヘルパーさんが来られます。ヘルパー事業所さんだけには、無理をお願いして、鍵を持って頂いています。

余りに狂乱しそうなら、病院で、点滴で、抗鬱剤打って頂きますが、解決にならぬのは、妻も良く知っています。

ひたすら時間が解決するのを待ち、主治医先生に、薬の調整を少しずつして頂くしか手段がないのです。


飲んだ薬は、すぐには効きませんが、時間差で、おかしな時に、副作用的に本人にダメージを与えてしまうので、余りに飲ませる訳にもいかないし。




こんなに大変でも、身体の病ではない、健康である、と言うのが、自治体の運用なので、様々困る事への、在宅でのサービスがなかなか充分にいかないのが現実です。

どんな障害でも、行政が出来る事には限界がありますね。



本当に気の毒で。

困りました。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック