bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



道路交通法も、なにかがおかしいです。
病気がある人の事故は刑罰の対象に


何かがおかしい と思うのは、私だけでしょうか。

病がある人、障害がある人、発作がありうる人、全員同じ病名や、障害名で、ひとくくりにされたのではかないません。

妻は、今回の騒動の渦中にある、精神障害者で双極性障害Ⅱ型ですが、免許証の更新はしています。
運転はしません。
私がさせません。

何故かって、20年、運転する機会がなかったから。(一緒になってまだ、数年。)
また、現在の体調では、運転ができる状態ではない事を、本人も、私も良く知っているからです。



じゃ、返上しなさいですか?
精神障害は揺れ動く障害 と規定され、非常に頻繁に、医師の診断書つきの更新が求められます。
要するに、少しでも治りかけたら、手帳の度合いを軽くして、又は、非該当にして、と言う事をしたいのですね。行政が。

知的障害者の方にしたら、ご家族様が黙っていません。
年々軽くなる人 と言うのは余り聞きませんし、本来、手帳があってしかるべき方でも、取っていない方、取らせない行政等がありますから、手帳をどんどん軽くしてやろう 等と言う事は出来ません。

身体障害者も同じです。
医学の進歩で完治した と言う事があれば別ですが、身体障害者は、大抵、これ以上悪くなることはあっても、良くなることはありません。
でも、比較的状態は同じと言うか、そうそう揺れ動くわけではないですね。

障害者とは何か と言う規定の一つに『症状固定』があります。
知的障害者と、身体障害者には、比較的運用されていますが、精神障害者には行政はうるさくて、正常な手続きが出来なくて、更新できなかっただけで、手帳の権利を失いますでしょう?
本人さんが、適切にあの厄介な(精神障碍者手帳用の申請書は、身体障害に比べて、本人が行セ氏向けに自分で説明する欄が多く、本来の障害者の方ではとても申請書は書けません。家内も書けませんから、私が代理です。)申請書が書けたら、窓口で追い返されちゃいます。



一律に病名や、障害名、等級などを記載させて、機械的に免許証を停止、もしくは、剥奪するのって、どうなんでしょう?


医師の診断書をつける は良い案だと思いますけれど、そもそも障害があるかどうか を全免許証取得者に対して、行政や官公庁が、勝手に調査をしたら、大変な事になります。
本人の申し出を待つしかないです。

一部の方々に、運転時に、ひやりとしょっちゅう経験されるような症状があるのに、どうしても、恒常的に運転をしてしまって、結果、事故を何度も起こしている人 と言うのは、事実います。
こういうケースは、これはもう、運転をあきらめて頂くしかない訳です。

勿論、そういう事が起きないように、事前に食い止める事はとても大切ですが…

例えば、私。
最重度の身体障害者で、起因疾患は、心臓の先天性の不具合です。
大抵の方は、『突然、発作(何の発作でしょうか?心筋梗塞の事?狭心症の事?心不全の事?全部違うのですよ)を起こして、その場で死んでしまう事はないのか』聞きます。

ないのです。私の場合は。
突然発作が来て、倒れて、死んじゃった は起こる事が出来ないです。

が、本人が無理をし続けて、徐々に心不全の値が悪化して、と言う事はありえます。
そういう時は、本人、動けませんし、不調でおかしい事に気づきますから、休みます。主治医に駆け込むか、近隣の救急病院などにお世話になるか 何か、行動しています。

心臓切る前に、実際は違ったのですが、おかしい と思う異常な状態があり、3次救急のあるような大きな病院さんの救急外来に受け入れて頂いた経験が2回ほど、あります。

2回目が心臓切る羽目になった、不調でした。

でも、私は生きていますし、余程体調が悪い時に運転はつらいのでしませんが、普段は車通勤もしていました。電車通勤は、ほとんど経験が無くて、今回、学校に行くのに、電車通学で、心身ともに疲労困憊の状態にいますしね。


質問事項を付記して終わり では、本来の意味の事故防止も、本人養護も、他の方を巻き込まない事も達成されない様な気がする…


どうでしょうか?

一律に病名、障害名、手帳の種類、度数などで、運転免許証を取り上げた方が良いと思いますか?

もしくは、ご自分が、ご病気、障害がおありの方、ご家族様など近しい方で、同様の方がおいでの方、一律に取り上げた方が良い とお思いになるでしょうか…

これは人により、感性や、価値観が違うと思うので、議論があるだろうとは思うのですけれど。


家内と私は、必要な方は、医師の診断書を添えて と言う、ごくシンプルな事を感じますけれど、実際に運用するとなると、シンプルにはいきませんので、あとは本人さんの(家内も、私もです)自覚次第ではなかろうか と言う結論になっちゃうんですね。

統合失調症、双極性障害、いかにも、ある時、突然我を忘れて、大暴走しそうなイメージを持つ方があるかと思いますが、実際にはそうじゃないんです。ストレッサーと、本人さんの反応の塩梅のお話で、大抵は周囲が判ります。

躁病と言う病気があります。
手帳をお持ちの方もあると思います。
躁病もお辛い病で、ご本人はコントロールに非常に苦労なさいます。
鬱病もありますよね。
有名です。
鬱病の人は、おとなしくて、運転なんかしないか と言うと、そうでもないです。
鬱状態の時、しおれているだけ か、と言えば、それもそうでもないのです。
病や障害は大変複雑な物です。


公職選挙法の次は、(いや、前にも記事書きましたね。)道路交通法ですか…


認知症の方。
こちら様は、ご本人様に、ご自覚が難しい点で、又、いつ症状が出るか、判りにくい事もありますから、周囲の迷惑よりも、まずご本人様の命を守る点で、返上願いたいところですけれど…
初期の方、認知症とはっきりしていない状態の方などでは、ご本人様が、頑固に運転をしてしまわれて、厄介な事が起こる事がありますね…

実はこういうケースの方が、かなり何と言いますか、微妙なと言うか、難しい状態におありになるのかもしれません。(が、明らかに認知症である と確定診断がついている方でも、様々な治療や、周囲の方々の支援で、症状が出ない方もおいでになります。そこが人間と言う生き物の、むずかしさなのだろうと思います。)
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック