bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



被成年後見人に対する、公民権剥奪についての違憲判決
たら題名が長いですね。
昨日知りましたが、被成年後見人の方が起こした、公職選挙法に対する、選挙権剥奪を違憲とする訴えに、やっと裁判で、違憲判決が出ましたね。

旧禁治産者、準禁治産者に対する、公民権の剥奪が正しかったかどうか、を判断する立場にはありませんが、禁治産者、準禁治産者と、被成年後見人とでは、意味合いが全く違います。

禁治産者、準禁治産者は、差別的な制度でして、判断力のない人、特には浪費者に対して、家族等が申請してつけて、(本人さんの同意は必要だったと記憶しています)、本人さんの浪費癖のとばっちりを、家族が尻拭いしなくて済む様にした制度です。

本人さんを守る為ではなくて、本人さんはろくな事をしないから、と、財産の権利等を剥奪する為の制度でした。

厄介払いの制度ですね。

なので、本人さんが、借金の肩代わり等を頼んできた時等に、禁治産者の登記に同意の署名捺印をすれば、今回だけは、肩代わりしてやろう、等の交渉が行われたりしたものでした。


同意が必要だったと記憶していますから、実際に登記した事例は、そんなに多くない様な印象がありますが、実際はどうなのでしょうね。


で、公職選挙法は、当然の様に、公民権を剥奪したわけです。

成年後見人制度が成立した時に、公職選挙法は、当たり前の様に、旧禁治産者、準禁治産者と同様に、被成年後見人の公民権を剥奪しました。


おかしいですよね?


財産等の管理、契約行動等が難しいとしても、その方なりの、選挙に対する意見、投票したい人、政党はある事も多いのです。

又、本人さんの権利を守る為の制度ですから、権利剥奪とは、全くそぐわないでしょう。


平成12年4月〜介護保険法が施行になりました。自立支援法は、はっきり覚えていませんが、2000年頃に、初めて、支援費になり、2年程で、自立支援法にきり変わったと覚えています。

お上が勝手に決める、措置から、本人さんが自由に、自分が使いたいサービスを選ぶ、契約制度なりました。


それに伴い、現場が混乱したのが、判断力には難しい面の大きい、知的障害者の方や、認知症の方の、財産行動や、契約行動への、戸惑いです。

本人さんの為に、家族が銀行手続きをしたり、契約行為を代理したり、が出来なくなりました。銀行印を紛失したり、等と言うと、本人さんしかダメ!となり、にっちもさっちも行かない事柄があちこちで増えました。


で、成年後見人制度が出来ました。出来た事で、財産管理、契約行動等での、本人さん以外の関係者は、楽なったのです。成年後見人が全部代理出来ますから。

その代わり、親等が、知的障害者の方の、成年後見人になっているケース等では、親が本人さんの財産を握ってしまい、今までは、支援者等に預けて、本人さんの必要に応じて、障害者年金を適切に管理していたのが、最低限のサービス費用だけ、支援団体に引き落とし、残りは、親等の、家族成年後見人が勝手に使ってしまうケースがあとを絶ちません。


挙げ句に、公民権剥奪です。


決定的におかしいですよね。


以前いた団体のケアホームでは、成年後見人制度のついている方だけ、選挙に行けませんでした。


他の方は、ヘルパーさんをつけて、選挙に行くようにしていました。私たち、支援者は代筆出来ませんが、選管の係員がついて、代筆します。


選びたい候補者のある方も、難しい方も、皆さん行って貰いました。文字を持たない方は、指差しです。


どんなに障害が重くても、権利ですし、義務ですから。


たった一例の判決では、公職選挙法の改正までいかないようすです。


早く、こういう理不尽はなくして貰いたいものです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック