bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



こんな事があったそうです。
家内も、私も、どうも体調が良くないのですが、お医者さんはお互い行かねばならぬので、水曜日に家内が、精神病院にいつもの通院をしました。その病院は、駅からバス便です。病院の前の停留所から歩けるところに、いわゆる作業所があります。こちらは知的障害のある方が多い作業所さんです。

家内が帰り道に、知的障害者の当事者さん と思われる数人の方々と、バスが一緒になったそうです。

『さるの反省ポーズ』で通じる方はまだおいでかどうか…
ちょっとお辞儀をするような格好で、片手を挙げて『反省!』と芸をする猿が一時話題になりましてね。そんな感じのポーズをした方が、車内であったそうです。

で、その方が、下を向いていたのが、ちらっと車内の方々を見た と思ったら。

家内が『そういう事なの???』と思う事が始まった と言うのです。



車内の同じ作業所のお仲間と思われる方が1名、立ちあがって言ったそうなのです。

『バスの中でおならをしてはいけません!』
ふむ。その反省ポーズの方は、そういう癖があるのですね。
で、わざわざ『これからおならをしますよ』とアッピールする癖もあるようです。
周りの方々(利用者さん達かな?)が、反応するのも、いつものパターンがあるのかもしれません。

その瞬間 と家内は申したのですが、お仲間たちが口々に『ンバスの中で、おならをしてはいけません!!!』と唱和し始めたとか。
終点まで延々と続いたらしいです。
最初の方の所に来て、『どうしてバスの中で、おならをしたの?言ってごらん。はい!せーの!』なんてやる方もあったそうです。


まあ、路線に乗る方、運転手さん、皆様、作業所があるらしいとか、利用者の方々は、自分でバスに乗って行き来が出来るとか、判って居るので、誰も反応もせず、家内も吹き出しそうになるのを、『まあ、元気だねぇ。こういう感じなのかな。』と思いつつ、終点まで唱和に付き合っていたようです。


良いか悪いか はともかくとして、その作業所さんは、私も知って居まして、『自宅から作業所まで完全に一人で通勤できる知的障害者手帳のある方』じゃないとダメなんですね。そういう目的の作業所さんですから、それで良いのですよ。
皆さん、物理的には通勤(通所ですが…)出来るようですけれど、手帳はある程度軽くても、彼らには彼ら独特の世界があって、周囲の目を気にする、社会に溶け込む、自分の行動が迷惑をかけている 等には、少し難しい方もあるんだな と思いまして。

では、彼らは、公共交通機関で通所することが不具合か と言えば、それは違います。
周囲のその場にいた人たちが、迷惑なら迷惑、我慢するなら我慢する で結構なのですけれど、えてして、黙っている方々の中に『障害者は云々』と思っちゃう人もいっぱいいるんですよね。

障害者だから、何をしても許されるわけじゃありませんから。


私がもし同席していたら?

たぶん、止めたと思います。
始まったら、自分でやめるタイミングが判らない方が多かったのでしょうね。
最初のアッピールして、おならをする人(したのかどうか、なんぞは判りませんけど)も、唱和している人たちも、どっちもどっちですから、『うるさいからおしまいにしませんか?』程度の事はしたかもしれません。

家内は知的障害のある方 に直接出会ったり、お付き合いしたり と言う経験はありません。
出会う事は時々あるようですけれど、通りすがりですから、すれ違う程度みたいです。
家内はもちろん、介護屋ではないので、ふーん と思って、見ていただけです。


バスの中 はちょっとうるさいですけれど、一般の方にも、お酒を飲んで公道で騒ぐ人もありますし、映画館で物を食べたりして、音を立てる方もあります。
誰でも、自分も迷惑をかけ、迷惑を受け、それでお互い様 として、生活して居る訳でして。

そういう一コマとして、とらえて下さる方が多いと、社会は円滑に進むような気もしないでもありません。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック