bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



薬疹
床屋さんの旦那さんが、痒みが酷い、と、奥さんから聞きました。旦那さんは、更年期から来る鬱病に悩まされる様になって、4年程になります。

丁度、薬の整理を主治医の方がしてくれた直後、と聞き、真っ先に薬疹を思った私は、奥さんにメールの返信をしました。

薬の副作用かもしれないので、すぐ精神科の主治医に相談して下さい。


家内はふらふらしたり、目眩がしたりする副作用が出やすいです。SSRI、NSRI、三環系抗鬱剤、色々あります。三環系抗鬱剤は、かなり沢山、闘病生活の中で、主治医の方々が、良かれと考えて処方して下さっていたのですが、結果として、それが何か災いしまして、双極性障害2型の精神障害迄悪化してしまいました。該当する抗鬱剤を飲むと、すぐ躁転してしまいます。二度と飲めません。

SSRI、NSRIは、かなりの種類、ふらふらしてしまうそうです。なんとか大丈夫なのが、パキシルと、ジェイゾロフト。パキシルだけでは無理らしく、新薬ではありませんが、ルジオミールを試したり、サインバルタカプセルを試したりして、端からダメで、今はパキシルと、ジェイゾロフトを使っています。


私は、薬疹が出る薬がありまして、SSRIの、ルボックス、パキシルがダメです。薬疹が出る薬は、飲んじゃ絶対ダメ!


で、床屋さんの旦那さんも、激しい痒みで、げっそりされていて、かつ、発疹もある、と、メールで奥さんから知らされて、慌てて返信したんです。


医者嫌いの旦那さんですが、奥さんに事を分けて説明するメールを送ってみたら、精神科に痒みの相談に行ってくれました。

土曜日にカットに行ったら、薬疹ではなくて、精神科の主治医の方が。皮膚科に行ってみて下さい、と、指導されたとか。

薬と説明書を持参して、皮膚科に行かれたら、皮膚科の医師も、薬と発疹を見て、薬疹ではない、と診断されたそうです。

痒みは痛みより堪えます。痛いのも辛いですが。

はっきりしませんが、どうも老人性乾皮症の様です。夜間、舌の上で溶かして、経皮吸収させるのかな?と思いましたけど、シート状の薬と、外皮用の塗り薬を使う事になったとか。

まだ数日なので、効果は出ていないみたいで気の毒でした。

私が拝見しても、薬疹には見えませんでしたし、痒みは辛いですから、早く楽になると良いなあ、と祈っているところです。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック