bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



病院を回りました
休みですが、明日の日曜日を楽にしたいのと、精神科の予約に、内科の検査があるので、巡っています。


お医者さんは終わりまして、朝食と言うか、ブランチに飲食店に入りました。


身体が疲れると、気持ちに余裕がなくなりますし、起床時血圧やら、脈拍やらが、凄い事になります。


循環器の主治医に連絡しましたら、余りにキツかったら、いつでも来て下さい、との事ですから、終わり迄、1ヶ月、無事に通学出来るかどうか、どうも塩梅が良くないですね。


学校さんが悪い訳じゃないです。係の方々は、日々、お目にかかりますし、疲れがピークですから、小さな事に、反応してしまって、頓服薬で凌ぐ事もありますが、係の方々が悪い訳でもありません。


何が悪いかって?


運が悪いんですね。


通学が遠いのが、運が悪かったですね。


4月からの勤務先は、使い物になる迄、待ってくれます。学校が終わって、10日では、使い物にならないでしょうから。

4月は半月過ぎた辺りで、入職させて貰うかもしれません。


現在、私の心臓は、正常に動いています。血圧等のデータも、昼間になれば、自然の法則で、下がっていきます。内科で計ってくれますが、障害があるにしては、まあまあ普通のデータです。


だから、大丈夫、で、無理を重ねますと、後に蓄積されてしまうのです。


人工弁置換する羽目になったのは、10年近く、シフトでの勤務、月に13回、14回の夜勤を続けていたから、だと思います。

当時はキツくても、今ほどは辛くなかったのですが、心臓が壊れて、自分でもおかしい事に気付き、本日、検査をして頂いた、内科のかかりつけの医師が、心電図が危ない事を発見してくれたので、何とか循環器の主治医が、手術を間に合わせてくれたので。


又、同じ事を繰り返す訳にはいかないのです。その場は体調悪くても、何とかなるんですよ。切羽詰まっていますと、精神科で出して頂いている、頓服薬等で凌ぎますし。



いつ、次に人工弁が壊れるか、は、予定では、約20年先ですが、それより早く壊れてしまうと、かなり困ります。


そうそう何回も、心臓って切れる訳じゃないから。




そんなこんなで、電車の座席、譲って頂けると、大変助かります。


その場しのぎは出来ますが、後を考えると、その場出来る事を無理にやってしまう事は、とても怖い事なんです。


見える身体障害者の方々も、頸椎、腰椎、脊椎等の難しい手術がいつ必要になるか、いつも心の隅におきながら、生活なさっていると思います。



心臓疾患で、人工弁置換や、ペースメーカー埋め込み、の障害者、と言うと、完治して、健康な人と同じ状態になったのに、様々なサービスや割引があって、許せない、と考える方もたくさんおいでです。


見えない障害者は、軽いのに、ズルい、と憤慨される方も、結構おられますからね。


ひっくるめてーそれが社会かな。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック