bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



ちょっと笑ってしまいました(^^)
どなた様かは、存じませんが、おいで下さった方の検索ワードにこんなのが、ありましたよ。

『身体障害者を押しのけてでも座りたい』


お気持ち、よく判ります。
どなただって、疲れていたら、何が何でも、通勤時の満員電車って、座りたいに決まっています。


ちょっとだけ小さな声で申しますとね。

身体障害者は、立っていればいた分だけの疲れが、病や障害を悪化させます。
健常者の方は、病になるかもしれませんよね。

でも、ごめんなさい!
健常者の方は、病が悪化したり、障害の状態が悪化したりされるのではないように思いまして…

お疲れでない時は、座席、見ないふりをして頂けると助かります。
疲れ切っているときは、お互い様です。
身体障害者だって、元気いっぱいな時はありますよ。


見える身体障害者の方が有利だ と言う話では決してないのですが、疾病による内部障害者は見た目にはわからず、疲れなどを蓄積していくと、確実にいつか、そのつけが体に回ってきます。
障害の状態が悪化したり、医療ケアがさらに必要になったり、手術が必要になったり、です。

見える身体障害者の方も勿論同じ状態になられますが、見えない方は、白い目でにらまれない様に、我身を守るには、結構必死です。


精神障害者である家内は、貼付できる障害者マークが存在しません。
精神障害者は、内臓も、四肢も、健康診断のデータも正常です。


でも、本人は非常に辛い日々を送っています。

検査で異常が出ないからと言って、全くの健康ではないんです。
脳の指令や伝達経路が阻害されていますから、体感は、非常に疲れ、辛く、どうにもならない様な事になります。

健常者とされる方々にも、様々なお辛さがありましょう。

身体障害者を押しのけてでも座りたい と言うお気持ちは、私も、とてもよく判ります。
実際、優先席のそばで、何とか着席させて頂けないかな…と、立つのがやっとな状態でおりましても、健常者の方(だろうと、私のは見える方。違うかもしれません。)が、必死の思いで空いた優先席にお座りになりますと、行動は健常者の方の方が早いので。

私は着席できません。

でも、無理やり着席させて頂こう とは思わないです。


人間ですもの。
仕方ないです。
皆様と同様に、空きそうな座席を探すとか、電車を数本送って、座れる電車に乗る為に、30分、1時間、自宅を早く出る 等の事をいたします。
スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック