bgcolor="#797979" background="http://templates.blog.fc2.com/template/hiphop/bg.gif">






プロフィール

鷹山あきら

Author:鷹山あきら
旧自立支援法の介護屋でした。重度知的障害者の方への、地域日常生活支援をしておりました。

本人は先天性心疾患があり、近年、急変。
先天性大動脈弁膜症・弁閉鎖不全・弁狭窄・二尖弁の悪化で、2010年7月に人工弁置換済み。最重度の身体障害者になりました。

ずっと障害者総合支援法の介護屋を続けたいと思いましたが、不能になりました。

妻は精神障害者で、寝たきりに近い状態です。
様々な支援者の方に助けられ、私たち夫婦は何とか生活しています。

2014年1月、やむなく(障害年金だけで生活は出来ません。フルタイムでは私は働くことが不能になりました。)病院の看護助手のパートに切り替えました。2015年1月、老健の通所に切り替え、2016年3月、老健も不能になり、仕事探しに苦慮しています。障害者って、使いにくいのですかね。どこも1年ほどでお役御免になってしまいます。


日々こもごも。色々な雑談を。

LOVEROGからの引越しです。(妻は元SEなのです)



最新記事



カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



QRコード

QR



頑張れ!大学生
朝、7時頃起きたら、家内がパソコンに向かっていました。
今は具合が悪く、玄関から一歩も出られない、寝たきりと言う状態にありますから、そうそう無理は言わないのですが、まあ、10日は外に出ていないので、半ば強制的に朝食を食べに隣の駅まで行きました。

その後、私は買い物の残りがありましたので、買い物をして、ふと、駅ビルの喫茶店(チェーン店で、どこでもあるような店です。)に入りましたら。


『いやだ!』『いかない!!!』と言う声がします。
見ると、椅子に腰かけて、そっぽを向いている若い方がおられました。
周りには、支援者と思われる方が3名。

3人???

一人の利用者さんのガイドヘルプに3人支援者がつくって、ちょっと異常です。
様子を遠くから見る限りでは、そうたいしたことになっている様子ではなく、なんで3人も?とも思い、3人の支援者の方が、利用者さんを取り囲むようにしているので、それでは利用者さんは、立つ気にはなれないだろうな と思いつつ、自分が頼んだコーヒーを飲みました。

もうこの時点で、手伝いに行く気な私。
さっさとコーヒーを飲んで、声を掛けに行きました。

女性が1名、男性が2名だったのですが、行った時には、男性が2名。
かなり若い方でした。

ちょっと肩をたたきまして、『自立支援法の介護屋です。もし、ご迷惑でなかったら、少し御話し相手などいたしますが…』と申し出てみました。
『推察するに、スイッチが入ってしまわれて、立てなくなっておいででしょうか?』とお聞きすると、どうもそのようです。

『お願いします。』と言って下さったので、その利用者さんのお名前をお聞きして、利用者さんの向かい側の席に斜めに座ってみました。

『よう!たくみ君!』お名前はたくみ君と仰るそうで、名札も縫い付けてありました。
たぶんですけれど、自閉傾向か、自閉症の若い方かな と思いました。

で、何となく喋ってみたんです。
ご本人は、『お兄さんとお姉さん、ばいばい!!!』と繰り返しています。
そりゃ、何かスイッチが入っちゃったんですから、そうでしょうね。
『おじさんは、こんな人だよ』と言う様なくだらない事を言い、自分の手帳を見せて、『おじさんのは茶色だ。たくみ君のは、何色かな?』から始まって、買い物をしましたから、『おじさんは買い物に行ったんだよ。』といろいろ中身を見せてみたり、『どれが好き?』と聞いてみたり。

支援者さんにはちょっと離れていていただきました。

『ばいばい』をかなり繰り返しておいででしたが、『ばいばいね。そうか。じゃ、おじさんとやろうか。』(何をやるんだか知りませんが、行くと言う言葉に敏感になっている様なので、何でも宜しいんです。お兄さんとお姉さんは、気にしなくて良い みたいなイメージを持ってくれれば と期待して です)等とバカな事を言いながら、何回か、支援者の方が見えましたので、『お手洗いにご案内できたら、ご案内して、その流れで、行けたら、出口までご案内しますね。』とお知らせして。

『申し訳ないので』と仰いますが、とても若い利用者さんでしたから、駄々をこね始めたら、2時間、3時間になってしまうと、将来に宜しくないです。駄々をこねる癖がついてしまいます。

継続的に私が支援出来る訳ではないですから、その場しのぎですけれど、しばらくして、『たくみ君!おしっこ行こうよ。おしっこ、たくみ君は、一人で出来るかな?』と何気なく伝えてみると立ってくれました。

『おしっここっちだよ』とお手洗いに案内して、一緒に入る方が良いかな と思って、様子をうかがうと、一人で入って、カギは閉めません。
じゃあ、私が一緒に入る必要はないので、ちょっと隙間を開けて、中の様子を見ながら、『おしっこだよ~。』『おしっこ一人で出来るのえらいね~』『チャック閉めるぞ~』『お水、じゃー!だよ~』等と言っていると、ご自分で用を足して、出て来られました。

支援者の方が一人様子を見に来られたので、『自閉さん?』『そうです。』『高校生くらいの方?』『中学3年生です。』『流れで、出口までご案内してみますから…』等とこそこそ話をして、出て来られた利用者さんと『こっちだよ~』と出口に向かってみると。

カウンター(レジですね。)のあたりで、『コーヒー飲みたい』と仰る。
自分が座って、固まっておられた椅子の方に向かおうとなさる。

はいはい。そういう事ですか。
コーヒーを飲んだのかどうか、よく判りませんが、『コーヒー、今度。後で。』とか言いながら、結構抵抗する力はかけて来るのですが、まあまあ、何とか出口までご一緒しました。
そこに支援者の方々3名が待っていて下さったので、利用者さんは、『いやだ!!!』『助けて!!!』等と言い始めまして。

良くある話なので、『助けてか~。そうだねぇ。』等と言いながら、『ちょっとこっちにおいで』とエスカレーターの方に(5~6歩です)お誘いすると、座り込んでしまったのですけれど、支援者の女性の方が、後ろからご本人を押して下さって、まあまあ、何とか、エスカレーターに乗ってくださいました。

ここで、一応、介護屋のオジサン(私ですよ)は、一言言いますよね。
『たくみ君、頑張ったね!偉いね!できたね!』←私は、これ、大切だと思って居ます。他の事業所の方ですから、その事業所さんでは判りませんよ。私は通りすがりです。

でも、利用者さん、まだ、『お兄さん、お姉さん、ばいばい。』『いかない』『いやだ』等と言っていますから、『おじさんは、お昼ご飯作るけど、そこまで一緒に行こうか』なんぞ言っていると、エレベーターは改札口のある階につきます。

『はーい!行ってらっしゃい~!』と言うと、どうやら、電車に乗るようで、又、活動時間が決まっているようで、それを順守しないといけない様子なのですが、たくみ君なる利用者さんは、改札口とは反対方向に全速力で走りだしました。

もうこの先は、支援者さんの範疇ですから、私は『たくみ君!頑張れ~!』とか、無責任な事を言って、自宅に向けて、改札口に向かったのでした。

したらば、支援者さんのおひとりの男性が走ってきてくださって、『ありがとうございました。』と言って下さいます。良く見ると、いかにもお若い支援者さんたちなので、『どこの人?』と聞いてみると、『○○大学です!』とお返事が返ってきました。

○○大学は、当地では、かなりトップクラスの大学です。
大学の福祉関係の学部の方か、福祉サークル、福祉クラブ活動のメンバーさんの様な気がします。

『頑張ってね!!!』とだけ言って、その支援者さんは、たくみ君の方に向かって、他の支援者さん2人を追いかけて、走って行かれました。



現役の大学生の方々だったんですね。
それは、失礼かもしれませんが、自閉症がおありで、行動障害的なものがある利用者さんとガイドヘルプ的な事をするには、1人では無理かもしれません。
3人いなくても良いような気はしますけれど、それはそのサークルさんか、クラブさんか、活動所属先の方針に寄るでしょうから、私の関知するところではないです。


そもそも、どういう経緯でその喫茶店に入ったのか は判りません。
たくみ君なる、利用者さんは、コーヒー飲みたい と言いましたが、飲んだのか、飲んでいないのか、喫茶店には入らない約束なのか、全くわかりません。
本人さんは、コーヒーが飲みたいようですけれど、本当にコーヒーが飲みたいのか、中学3年生と言う事ですから、駄々をこねたい盛りなのか も判りませんでした。


まあ、たまたまお手洗いに立ってくれたので、そのまま少し強引でしたけれど、出口までご一緒できただけで、私が技術がある訳でも何でもありませんけれど、支援者さんが焦ってしまうと、利用者さんは敏感に感じるのかもしれませんし、駄々をこねる事が悪い遊びになりかけているのかもしれませんし。

とにかく、大学生の方々が、頑張っているのが微笑ましくて、又、判って居るのでしょうけれど、抵抗してみたり、駄々をこねてみたりしたい盛りのたくみ君なる、利用者さんの将来はどうなのかな 等と思ったりして、疲れているはずなのに元気になって、帰路についた事でした。


好きなんですよね。
この稼業。
で、まあ、現場経験だけは無駄になるほどありますから、ある程度、何とかなっちゃう と言う事もあるのかもしれない と少し思いました。


大学生の支援者さん3名と、たくみ君が本日1日、楽しい時間が過ごせるとよいですね。
当地はやや寒いですが、天気はまあまあ晴れています。

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック